この単純な真理にどうか目覚めてほしいと思います。つまり、あなたが求めているものは、絶対的に完全に豊かに存在する、今この瞬間に完璧に存在する、という真理です。それはこの場所にあり、あなたの内側にあり、あなたの外側にあり、目に見えるところにも見えないところにも、あらゆるところにあります。「神秘的な何か」はすべてのもののなかにあります。


ですから、それを手に入れるために、どこかへ行ったり未来のいつかを待ったりする必要はありません。自分を磨き上げて「大いなる光」を呼び寄せる必要もありません。自分のなかから否定的な思考を取り除いて、もっと清らかになろうとしても、「大いなる光」を引きつけるほどの輝きを得ることはできません。なぜならそのことと、自分が「大いなる光」であることを発見することとのあいだには、何の関係もないからです。


自分が「光」であることを自覚するために、「光」はもっと輝きを増さなくてはならない、などと考えるのはじつにバカげたことではありませんか。自分がすでにそうであるものになるために努力しなければならない、などと考えるのはおかしなことではないでしょうか。するべきことはただひとつ、決心することです。



自分が今この瞬間、覚醒者であるということを認める意志があるのかどうか、深く自分の心に問いかけてください。その決心をする日がいつかはやってくるはずです。次にあげる二点について信じる意志がありますか。まず、神は在るということ。もうひとつは、何ひとつ今の自分を変えることなく、今のあるがままの姿で自分も神である、ということです。あなたは自分の本質についての真理を受け入れ、あらゆる瞬間にその真理を体験する意志がありますか。


言葉や思考や固定観念が、誤りに満ちたフィルターを創り上げました。こうしたフィルターは想念でできているにすぎないのですが、鋼鉄よりも強靭です。ところがこれを一瞬のうちに、奇跡的に溶かすこともできるのです。これを溶かすには、人が持つ最強の道具、つまり明確な意図を持ったイメージの力を利用するのです。


あなた方がこの地球にやってきたのは、神と人間について、これまでよりも可能性に富んだ膨大でパワフルな概念を創り上げるためでした。それがここでできる最も崇高な行為です。神とあなたは、神とは何か、人間とは何かということについて、今までとはちがうすばらしい概念を創り上げる可能性を持っているのです。
「無礼者」バーソロミュー



今日もありがとうございました。


「コアスター」とブレナン女史が呼ばれた概念に相当する「星(ほし)」がある。
雪の結晶のパターンと同じように、一人一人に異なる個性のパターンのようなものらしい。
それは物質ではなく、「みえない」波。人間意識の本質。
オーケストラの意識の要となるパターンであり、仏教の「無碍(むげ)」に該当する。
炎(ほのお)とは、この星(ほし)の連なりと意識の合唱なのだ。


03 2020/04 05
S M T W T F S
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
Fiora & nobody