すべてはここにあるのです。ここにないとしたら、どこにもないのです。


たとえあなたが意識していなくても、呼吸の一つひとつが創造という点において意味を持っています。目覚めた意識を持って呼吸するようになったら、自分の呼吸のパワー、つまりいのちそのもののパワーを感じるようになるでしょう。そしてそれが、体のなかをあらゆる瞬間に、苦しみや孤独や不安を感じているときにも、流れていることを感じるでしょう。すると、それぞれの体験はそれ自体で意味があるのだと思えるようになります。


無意味に苦しむ必要はありません。無意味に苦しむことは死と同じです。けれども、苦しみのなかにあっても、愛や思いやり、美やユーモアをもたらし増やすことができるのだ、と知りながら苦しむのは、いのちを体験することです。あらゆる瞬間にいのちのさまざまな側面をすべて体験するために自分は地球界にやってきたのだ、ということを深いレベルで理解できると、それぞれの瞬間が何にも替えがたい大切な瞬間となります。


たとえ、これからの二十年間を病院のベッドの上で過ごさなくてはならない、と告知されたとしても、非常に限られたそうした状況のなかにも、いのちの神秘や不思議、そのすばらしさや完璧さをもたらすことができるでしょう。怖れおののく心が創り上げたひどい悪夢のような状況にあっても、まさにその恐怖のなかで、この変容の力を呼び起こすことができることに気づきます。するとそれに意味を見いだすことができます。なぜなら自分は体験しているのであり、体験することが生きることだからです。そして生きることは行動する神であることです。


あなたがこの地球に生きている理由は、あらゆる瞬間は本質的に変えられるものであり、自己変容の力がそなわっているということを知るためです。



質問者 眠りの間、あなたはどうしていますか?

マハラジ  眠っている状態に気づいている。

質問者 眠りは無意識の状態ではないでしょうか?

マハラジ  そうだ。私は無意識の状態に気づいている。

質問者 それでは目覚めのとき、あるいは夢見のときは?

マハラジ  私は目覚めあるいは夢見の状態に気づいている。

質問者 理解できません。正確にはどういう意味でしょうか?質問を明確にさせてください。眠りの状態とは無意識を意味しています。目覚めの状態とは意識を、夢見とは周囲の状況ではなくマインドを意識している、ということを意味しています。

マハラジ  私にとっても同じことだ。しかし、そこには違いがあるように見える。各々の状態のなかで、あなたはほかの二つの状態を忘れているが、私にとっては目覚め、夢見、眠りの三つの精神状態を含み、しかも超越したひとつの存在状態があるだけだ。

質問者 この世界には、ある方向性や目的があるとあなたは見ていますか?

マハラジ  世界とは私の想像の反映にすぎない。何であれ見たいと思うものを、私は見ることができる。だが、なぜ創造、進化、破壊というパターンを編みだす必要があるだろうか?私にはそれらは必要ない。世界は私のなかにあり、世界は私自身なのだ。私はそれを恐れることもなければ、それをひとつの固定させた心理的画像に閉じこめたいなどという望みもない。

質問者 眠りに戻りますが、あなたは夢を見ますか?

マハラジ  もちろん。

質問者 あなたの夢とは何でしょうか?

マハラジ  目覚めの状態の反映だ。

質問者 では、あなたの深い眠りは?

マハラジ  脳意識が一時停止した状態だ。

質問者 それでは、あなたは無意識なのでしょうか?

マハラジ  私を取り巻く環境への無意識ということでは、そうだ。

質問者 まったくの無意識ではないということでしょうか?

マハラジ  私は無意識だということに気づいている。

質問者 あなたは「気づく」という言葉と「意識する」という言葉を使っていますが、それらは同じものではないのですか?

マハラジ  気づきは根本的なものだ。それは根元的状態であり、はじまりがなく、終わりもない。原因がなく、支えがなく、部分も、変化もない。意識は表層の反映と関連しており、二元的な状態だ。気づきなしに意識は在りえない。しかし深い眠りのように、意識がなくても気づきは存在しうる。気づきは絶対的だ。意識はつねに何かに属し、その内容との相関関係にある。意識は部分的であり、変化するもの。気づきは完全で、不変であり、静かで沈黙の内にある。そして、それはあらゆる経験の共通の母体なのだ。

質問者 人はどのように意識を超え、気づきのなかに入っていくのでしょうか?

マハラジ  そもそも意識を起こさせるのは気づきであるため、あらゆる意識の状態には気づきがある。それゆえ意識が意識しているという意識そのものが、すでに気づきにおける動きなのだ。自分の意識の流れに興味を抱くこと自体が、あなたを気づきへと導く。それは何も新しい状態ではない。それが根元的な、生命そのものである基本的存在、そしてまた愛と喜びであることは直ちに認識されるだろう。

質問者 実在がつねに私たちとともに在るのなら、真我の実現は何によって成立するのでしょうか?

マハラジ  真我の実現は無知の反対にほかならない。この世界を実在と見なし、真我を非実在と見なすことが無知であり、悲しみの原因だ。真我が唯一の実在であり、そのほかすべては一時的な、はかないものと知ることが自由であり、平和と喜びなのだ。それはとてもシンプルだ。ものごとを、想像を通して見るのではなく、ただあるがままに見ることを学びなさい。すべてをあるがままに見るとき、あなたはあるがままの自分を見るだろう。それは鏡を磨くようなものだ。あなたにあるがままの世界を見せるその同じ鏡が、あなた自身の顔をも見せるだろう。「私は在る」という想いが、鏡を磨く布なのだ。それを使いなさい。


今日もありがとうございました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
09 2019/10 11
S M T W T F S
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody