今がなにかわるいのか?と自分に聞いてみて、
「なにかがわるい」というノイズのような思考と、
「このままでいい」という言葉にもならない呼吸とがある。このままでいいというのは、善悪の判断が起こる前であり、今「ある」ものをそのまま「ある」として受け入れた状態だ。

ぶつぶつうるさいノイズの存在自体も受け入れてしまう。
呼吸は善悪とか、論理とかをまったく気にしていない。
なぜこれがこうなのか?という質問自体浮かんでこない。
頭と思考と論理が宇宙の謎を解き明かせるなら、もうとっくに誰かがそうしている。
できない、のだ。頭では、解けない。

だったら、肉体の中で、感覚で解き明かせるという説を実験してみようと思うのは自然な話だ。どっかの宗教じゃないのだから、お金はかからない。道具もいらない。

ただ呼吸をみる。吸う、吐く、みる。思考が浮かんでも、気にしない。息をみる。
感情が浮かんでも、気にしない。息をみる。息をみると肉体の中のことを感じ尽くせる。感情を体験し尽くせる。忘れる。忘れていい。忘れてるときも何かがみている。全ては起こっていることばかりで、ただ息を感じる。


前にも言いましたが、何世紀にもわたって、あなたの細胞は何かにしがみついているときが、最も安全なのだと思い込んできました。あなた方は、自分の世界が崩れないようにとしがみついています。少しでも油断すると、すべてが壊れてしまうのではないかと怖れているのです。あなた方は「自分」と「他人」を混同してはいけないし、「この」考えと「あの」考えとを混同してはいけないし、「自国」と「外国」とは区別しないといけないと思い込んで、努力していますが、それにもかかわらず、あらゆるものはつねにつながっているのです。あなた方がしようとしていることは、不可能なことです!


悟りの境地に憩うためには、神秘的な大いなる光のなかでくつろぎ、その光を外に向けて拡張するということを意識的にしなければなりません。くつろいでは拡げる、くつろいでは拡げる、ということです。


自分の内奥深くにゆったりとくつろいで、それから、大いなる光をできるだけ遠くまで放射するのです。これは一つの感覚です。その感覚のなかにすっと入ってください。


神の光は、あなたがそこにやってきて、その光のなかに入り、それを浴びるのを待っています。これを実践しはじめると、あなたの存在の至高の喜びというか、光があふれて外に流れ出すようになります。



質問者 私が見るかぎりでは、私の身体にも実在にも、何も問題はありません。どちらも私がつくりあげたものではなく、改善する必要もありません。何がおかしくなってしまったかと言えば、「内なる身体」です。マインド、意識、アンタカラナ、名前は何であれ。

マハラジ  あなたのマインドのどこがおかしくなったというのだろう?

質問者 落ち着きがなく、快楽に貪欲で、不快を恐れていることです。

マハラジ  快楽を求め、不快を避けようとすることのどこが間違っているのだろうか?苦痛と快楽の両岸の間を生の川が流れていく。生の流れとともに流れていくことを拒んだとき、それは問題となるのだ。生の流れとともにいくとは、来るものは拒まず、去るものは追わずという受容を意味している。求めず、恐れず、起こるままの現実を観察しなさい。起こることがあなたなのではなく、あなたにものごとが起こるのだ。結局、あなたは観察者でさえもない。あなたはすべてを包括する意識の究極的可能性であり、その表現、その顕現なのだ。

質問者 それでも、身体と自己との間には思考と感情の雲が横たわり、それが妨げとなっています。これら思考と感情は浅はかな、はかなく無意味なもので、私を盲目にし、息を詰まらせるただの思考のほこりにすぎません。それでもそれらはそこにあり、光を奪い破壊するのです。

マハラジ  確かに出来事の記憶が出来事そのものとして通用することはない。出来事の予測もまた同じだ。現在の出来事には何か独特な、以前起こったこと、あるいはこれから起こるであろうことにはない例外的な何かがある。生き生きとして、実在であり、輝くように際立っている。そこには過去も未来ももっていない実際の「真実のしるし」があるのだ。

質問者 「真実のしるし」を現在に与えているものは何なのでしょう?

マハラジ  現在のなかに、過去や未来から区別するような、特別な何かがあるわけではない。ほんの一瞬前、過去は未来であったし、未来もまたそうなる。何が現在をそれほど特別にするのだろう?明らかに、それは私の存在だ。つねに今ここに在るからこそ私は現実なのだ。そして私とともに在るものに私の実在は分かちあわれる。過去は記憶のなかに、未来は想像のなかにある。今現在の出来事のなかに、それを真実として際立たせる何か特別なものがあるわけではない。それは何かただ過ぎゆく一瞬のなかに起こる、時計の刻む音のようなものかもしれない。連続して刻まれる音が等しいということを私たちは知っているにもかかわらず、現在を刻む音は、以前記憶された、あるいは次に予期されるものとはまったく異なっているのだ。今現在に焦点を置かれたものは、私がつねに今に在るからこそ、私とともに在る。私が私自身の実在性を現在の出来事に与えるのだ。

質問者 しかし私たちは思い起こされたことがらも、現実のように扱います。

マハラジ  それが現在のなかに入りこんだときだけ、私たちは思い出について考える。今にもちこまれないと忘れ去られたことを思い出すことはない。

質問者 そのとおりです。現在のなかには一過性の事実に一瞬の真実を与える、何か未知なる要因があることがわかります。

マハラジ  未知と言うまでもない。なぜなら、あなたはそれがつねに作用しているのを見ているからだ。生まれて以来、かつてそれが変わっただろうか?ものごとや思考はつねに変わりつづけてきた。だが、この現在が真実だという感覚は、夢のなかでさえもけっして変わらなかったのだ。


今日もありがとうございました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんは
今日も心の静まる文章、ありがとうございます。

まだ一番上の節を読んでいる途中ですが、こころが静まり始めたのでカキコミさせて頂きます。

わたしがナゼ心が静まり始めるのかというと、いつも一文読んだだけでも平安を得る肝心なコツが書いてあるので、そのまま読みながら実践しているとアッという間に、静寂に近い状態に入っている自分に気づくからです。
 普段の私は、いつも落ち着きがなく、いつも、こいいう時は、ココロを静めればラクになると思い、静めよう、静めようとするのですが、結局、ますますカラ回りしているのが実情です。(自分に対する抵抗・より強い指向性ですね)

今日の最初にもそのコツが書いてありますよね。不満(ノイズ・問題)に焦点を合わせ、問題を解決しようと悪戦苦闘しようとする姿勢から、視点を変えるコツが...

わたしも普段、アタマのノイズに対し、
身構えるのではなく、自然に赦そうとする(ノイズを通過させる)態度が自分にできた時点で、問題はすべて解決する(すなわちその時点でありのままを受け入れられるが故に、ココロが静まり、ノイズが発生しにくくなる)のだと思っています。
ゆえに、自分では、いまのところ、ココロを静めようと奮闘する前に、現実に対する自分の態度・姿勢を再確認する(気づこうとする)習慣を意識しようと心がけてはいるのですが...

気づけば毎日、人生をムダに消費しています...

別に、そんなに難しいコトでも、努力とか時間もかかるようなことでもなく、うまくスイッチさえ入ればサッとなれるような自然な状態だと、自分でも思うのですが...

課題はやはり、自分が今まで培ってきた習慣をムリに矯正するのではなく、自然に忘れていければいいと思うのですが...(習慣自体、自分の恐怖心から身に着けたものだから、平安なジブンになれば、自然に手放せるとは思うのですが...)

結局、平安なジブンになる(戻る)のが全てを解決する答えですかね...?



・・・支離滅裂な暴走した独り言、失礼しました。


ps.
わたしがコメントしない理由は、
わたしの存在の影響を受けない、nobodyさん自身が見出した自由な見解・表現を拝見していたいからです。(心理的負担や影響をnobodyさんに与えたくないからです。)

その方が、わたしはわたしで、いつも、nobodyさん自体のオリジナルから得られるものがたくさんあるので、 刺激にもなり、勉強になると思っています。

素敵な写真や、ユニークな写真を見ているだけでも、とても新鮮です。
私にとっては、このブログがあるだけでも有り難いです。

ですから、これからも、好きなことを、好きなタイミングでアップしてくれるだけでも、嬉しいです。

これからも、ご無理をせず、書きたい衝動にまかせてnobodyさんのマイペースを拝見したいです!
(エラそうに言ってゴメンナサイ)



お気に触る箇所があれば、ゴメンナサイ。
これからも、応援しています。
 
  無礙自在
mugezizai 2013/07/05(Fri)02:51:15 編集
Re:こんばんは
mugezizaiさん、こんばんは^^
こちらこそ温かいお心遣いをいただき、ありがとうございます。
この返信は少しだけ長くなりますが、ご容赦ください。


<心を静める方法>について。
多くのグルが言っているのは、心を静めなさい、です。それはなぜかと言うと、ノイズが真実から焦点を反らしてしまうパターンが求道者の問題の根源であることを熟知しているからです。言い換えると「私」という分離の錯覚の根源から焦点を外すようお勧めします、私という観念を見ないでください、ということです。経験に裏打ちされた叡智です。


実際、心を静めようとする時に、「心よ静まれ」と想念を新たに追加しても、ノイズが一行追加されただけの結果になります。ですから、逆だと思います。心を静める必要など、本当はないんです。


騒がしい自分が「ある」以上、それは「ある」んですから、そのまま受け入れればいいんです。そうはいってもねえ、騒がしいのはやっぱりマズいよ、多くのグルも静めるように言ってるし、と心の奥底で思っているからこそ心を静めようとします。そんな自分をそのまままるごと受け入れるんです。


受け入れるとはどうするの?受け入れスイッチはないんです。行為でもありません。今あるものをそのまま体験します。


何も変えようとせず、未来に変わることも期待せず、過去を悔いず、ただ今、体験します。目に映る風景を見ます。見ようとして見るのではなく、風景が飛び込んできてるんです。耳で聞こえる音を聞きます。聞こうとして聞くのではなく、音が飛び込んできてるんです。心象風景に何かイメージが浮かぶなら、それも浮かぶままに見ます。起こっている呼吸を感じます。今の瞬間には、五感・直感・思考・感情、何もかも、「起こっている」のであって、私という人型の行為者が起こしているのではありません。ぜんぶ起こっているのだから、それをありのまま体験する。それは行動を起こすのと違い、「瞬間にくつろぐ」あり方であり、意識が「瞬間というソファー」にもたれかかるようなリラックスムードです。ただあるがまま起こっていることに、全面的に任せて、くつろぎながら体験します。


それをした次の瞬間何が起こるかというと、起こることが起こります。パニックになるかもしれませんし、心が運良く静まるかも知れません。ですが、「ある」ものが「ある」のであって、それは今この瞬間と何も変わりません。「ある」が何も変わらないから、こだわらない。


未来を、次の瞬間を選び取ろうとしない者にとっては、今この瞬間の「くつろぎ」が次の瞬間の「くつろぎ」も運んできます。次の瞬間をコントロールするための今の瞬間のコントロールではなくて(見返り期待ではなくて)、今の瞬間のコントロールを手放しているということは、次の瞬間のコントロール期待も手放しているということです。


コントロールを放棄する(手放す)と、パラドックスのように、ほっとするんです。細胞の緊張がようやく溶けます。あるがあります。


<現実に対する自分の態度・姿勢を再確認する(気づこうとする)習慣を意識する>について。


1、現実
2、自分
3、自分の態度
4、3を確認する習慣


これだけ確認すべき要素があると、おそらくどんな方でも混乱します。実際、現実というのは全部ひっくるめて「ひとつ」です。これは、「境界線」を頭の中で引き過ぎていると思うんです。そして、人生をムダに消費しています。というこの言葉は、上記のルールが実行できなかったので、自分は今日ルールが守れなかったと感じていらっしゃるのだと思います。そして、そんなご自分を責めていて、許していないということです。


私も、上記のルールは複雑すぎて誰一人実行不可能だと思います。ですから、ルールを守れない今のご自分をそのまま許してもらえないでしょうか。私たちは自分で自分を罰します。ルールを破ったから、私は私が許せない、とみんながみんな言います。よくよく見てみると、みんなルールを自分でつくって、自分で破り、自分を責めます。向上心をもたなければならない。明日は今日より良い日にしよう。その常識とも言えるような姿勢の根幹部分、心の根源にどんな怖れが横たわっているかに私たちの文化は無知です。


ここで問題になっているのは、ただ一点。mugezizaiさんが今のご自分を無条件で許すこと。それが扉になると思います。そのルールを変える必要はありません。ただありのまま、ルールが実行できなくてもご自分を許すということです。


<うまくスイッチさえ入ればサッとなれるような自然な状態だと思う>について。


このスイッチの話は私が今まで書いた記事の中でも最も反省しているポイントになります。「スイッチは存在しない」んだと思います。私たちは、やる気スイッチONとか、OFFとか、よく仮定します。ですが、人生にスイッチはありません。落ち込むことも、喜ぶことも、いまいちだなあと感じる瞬間もすべてはつながっています。ひとつです。スイッチはありません。私たちは人生が始まる前から終わる後まで、常に「ある」んです。だから不死です。熟睡時も完全麻酔時も私たちの本質が常に目覚めて「ある」んです。


自分を許せない瞬間も、許して肩の荷を降ろした瞬間も、常に慈愛が「ある」んです。人生のすべての瞬間が神聖であることを心から認めるということは、今この瞬間生命の危険に晒され、本当の恐怖や絶望を感じている兄弟姉妹にそれは「ある」ということです。すべての人のなかにあるということです。


何の条件もありません。それは全員の今にあるんです。今まで培ってきた習慣も、自然に忘れていきたいという願望も、全てのご自分の側面を今ありのまま体験し、それがあることを許してもらえないでしょうか。恐怖心があることを許して、それらの感情の居場所でいてあげてもらえないでしょうか。


答えは平安なジブンになる(戻る)ことではなく、平安ではないと感じているご自分を許し、受け入れ、ありのまま体験することだと思うんです。答えは今あるのであって、予想の中にしか存在できない次の瞬間にはありません。


この違いが伝わりますでしょうか。架空のスイッチを想定することで、今あるがままの瞬間よりも、次の瞬間に理想を見、求める態度に簡単にすり替わってしまう危険性を私たちはいつも持っているのだと思います。


こういうコメントをいただくことが気に障るなどとんでもないです。温かいお気持ちをこのようにいただけることは、こういう公開日記をしている身には何より励まされます。これからも私という個性の思うとおりに、好きなことを、好きなタイミングで、書きたい衝動にまかせて書いていきますね^^このように読んでくださる方がいらして、本当にありがたいと思います。
もしよろしければ、ぜひまたいつでもコメントください。楽しみにしておりますので。ありがとうございました。


>今日も心の静まる文章、ありがとうございます。
>
>まだ一番上の節を読んでいる途中ですが、こころが静まり始めたのでカキコミさせて頂きます。
>
>わたしがナゼ心が静まり始めるのかというと、いつも一文読んだだけでも平安を得る肝心なコツが書いてあるので、そのまま読みながら実践しているとアッという間に、静寂に近い状態に入っている自分に気づくからです。
> 普段の私は、いつも落ち着きがなく、いつも、こいいう時は、ココロを静めればラクになると思い、静めよう、静めようとするのですが、結局、ますますカラ回りしているのが実情です。(自分に対する抵抗・より強い指向性ですね)
>
>今日の最初にもそのコツが書いてありますよね。不満(ノイズ・問題)に焦点を合わせ、問題を解決しようと悪戦苦闘しようとする姿勢から、視点を変えるコツが...
>
>わたしも普段、アタマのノイズに対し、
>身構えるのではなく、自然に赦そうとする(ノイズを通過させる)態度が自分にできた時点で、問題はすべて解決する(すなわちその時点でありのままを受け入れられるが故に、ココロが静まり、ノイズが発生しにくくなる)のだと思っています。
>ゆえに、自分では、いまのところ、ココロを静めようと奮闘する前に、現実に対する自分の態度・姿勢を再確認する(気づこうとする)習慣を意識しようと心がけてはいるのですが...
>
>気づけば毎日、人生をムダに消費しています...
>
>別に、そんなに難しいコトでも、努力とか時間もかかるようなことでもなく、うまくスイッチさえ入ればサッとなれるような自然な状態だと、自分でも思うのですが...
>
>課題はやはり、自分が今まで培ってきた習慣をムリに矯正するのではなく、自然に忘れていければいいと思うのですが...(習慣自体、自分の恐怖心から身に着けたものだから、平安なジブンになれば、自然に手放せるとは思うのですが...)
>
>結局、平安なジブンになる(戻る)のが全てを解決する答えですかね...?
>
>
>
>・・・支離滅裂な暴走した独り言、失礼しました。
>
>
>ps.
>わたしがコメントしない理由は、
>わたしの存在の影響を受けない、nobodyさん自身が見出した自由な見解・表現を拝見していたいからです。(心理的負担や影響をnobodyさんに与えたくないからです。)
>
>その方が、わたしはわたしで、いつも、nobodyさん自体のオリジナルから得られるものがたくさんあるので、 刺激にもなり、勉強になると思っています。
>
>素敵な写真や、ユニークな写真を見ているだけでも、とても新鮮です。
>私にとっては、このブログがあるだけでも有り難いです。
>
>ですから、これからも、好きなことを、好きなタイミングでアップしてくれるだけでも、嬉しいです。
>
>これからも、ご無理をせず、書きたい衝動にまかせてnobodyさんのマイペースを拝見したいです!
>(エラそうに言ってゴメンナサイ)
>
>
>
>お気に触る箇所があれば、ゴメンナサイ。
>これからも、応援しています。
> 
>  無礙自在
【2013/07/05 21:48】
09 2019/10 11
S M T W T F S
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody