忍者ブログ

リンゴ「から」の努力は無駄?


リンゴから→
行為する、努力する、観察する


これらは全部無駄ではないか。
つまり人間として、一人の個人として、思考を観察しようとしても、エゴが潜伏してしまい、ある時点を境にゆり戻しがくる。


神秘体験の秘密は、視点の転換にある。
個人の視点が→世界観(空間そのもの)の視点に転換する。



部屋「から」観ないと全部ダメということ。
部屋(虚空)は気づかれているものと同一だから、「今この瞬間のあらゆるエネルギーの動き」そのものであるが、個人がこの「今この瞬間のあらゆるエネルギーの動き」をもっと丁寧に体験「しよう」とすると、エゴの「リンゴしか存在しない」という観念(または自己否定のパターン)にいつのまにか騙され、また肉体=私の感覚に逆戻りしてしまう。


個人は、その空間の「目」の存在を知らない。空間が生きていることを知らない。
肉体の感覚は「(真我に照らされて)浮かび上がってきている」感覚であることを知らず、独立した感覚器官のデータだと思い込んでいる。物心ついた時から取り違えている。


だから「飛躍」が必要になると思う。
正体不明の「空間」に意識の焦点をあわせるのはとても難しい。
どこにもX軸Y軸などの座標はないから。色も形も、何もない。


個人は、「それ」を知らない。エゴは「それ」を知らない。


「それ」が「個人」を浮かび上がらせている。


もう少し細かく書く。
雷鳴が突然轟いたとして、その雷鳴にびっくりする。



気づいている意識は雷鳴をリアルタイムで気づいているほうで、びっくりした方は日常のマインドなのだ。(気づいている意識は、びっくりしているマインドに、びっくりしないでリアルタイムで気づいている)


意識の焦点を「部屋」にあわせようとしている求道者が、マインドにとどまっていたか、気づいている意識にとどまっていたか、このズレに、びっくりした時点で気づけるということ。


だがそれだけではない。個人が知る「能力」では、虚空の発見はできない。
虚空は虚空にしか発見できないのだ。
虚空に「発見させる」のだ。


もう少し色々書きたかったけど、続きはまた明日。一日前倒ししてます、カレンダーわかりにくくてごめんなさい。


つづく
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは!

思考観察をする前、マインドがこんなにもおしゃべりだなんて思いもしませんでした。
しかも!
何回も何回も、同じ思考を反芻しているんです
何回も何回も、今までの人生のある場面を再生しているんです

これを無意識に毎日繰り返してたんです、何十年も。そりゃ精神的に病みますよね(笑)

自我が手放したくないもの、無意識に抱え込んでいる信念、自分にショックを与えた出来事
(自分では大した事ないと思っていたり、忘れてすらいた事、しかし自我形成にとっては非常に重大だった出来事、しかも実は何度も頭の中で再生しているのにそれにすら気づいていない!!)

自我は巧妙ですね〜、凄い奴です
苦しませるくせに、その原因を無意識に忘れさせてしまうのです!
気づかれないうちに逃げるスリの名人みたいな奴です

これらを見破るのに思考観察は大変すぐれていると思うのです
深く自分自身に入って、抱えている信念を見抜く為に。
毎度同じ事を繰り返しているマインドの愚かさを見抜く為に。

でもこれはnobodyさんが仰っているように大変骨の折れる作業です
私も一時期、仕事がおろそかになっていました
本当に大変だし、私も常に意識は出来ません。
ただ思考観察出来る時間がだんだん長くなっているのも事実です

しかし真我発見はまた別のようにも思います
自分は真我発見が思考観察によるものなのかはもう忘れてしまいましたが、スピ系の著書や瞑想、追いつめられていた心理状況などが複雑に絡み合って
ある日、「あっ!!」って感じでした

だから思考観察だけで気づけるかどうかはその人次第ですよね。
なぜなら悟りって「究極的な主観体験」ですから真我発見までのルートは人それぞれだと思ってます

だからY氏の方法が合う方もいれば合わない方もいると。
私は一助にはなりましたし、今も活用していますがそれだけでは悟りに気づく事は出来ませんでしたね〜〜

真我発見って「自分はいない」事に気づく事ですよね。
りんごが「自分はリンゴではなく、宇宙生命的な意識だったんだ!今まで俺は赤くて美味しいリンゴだと思っていたのにこれは単なる乗り物だったんだ、しかも今考えているこの思考ですら『考えるという機能』にすぎなかったんだ!」と。
そしてマインドと体との同一化から抜け出る事、これが悟りですよね!

うん、なんだか不思議でおかしな事ですね〜、コントのような事実ですね(笑)

とりとめもなく長文で失礼致しました
また次回の記事、楽しみにしてますね!!
こい 2013/12/03(Tue)23:51:53 編集
Re:無題
こいさん、こんばんは^^


>こんばんは!
>
>思考観察をする前、マインドがこんなにもおしゃべりだなんて思いもしませんでした。


さんまよりおしゃべりですよね^^


>しかも!
>何回も何回も、同じ思考を反芻しているんです
>何回も何回も、今までの人生のある場面を再生しているんです
>これを無意識に毎日繰り返してたんです、何十年も。そりゃ精神的に病みますよね(笑)


よくわかりますというより、私もまったく同じです。過去の後悔の場面を何度も何度も流しています。精神的に病んできます。その場で、自分を思いっきり出せる人の方がこういうエネルギーの詰まりは起こさないのかもしれないですね^^


>自我が手放したくないもの、無意識に抱え込んでいる信念、自分にショックを与えた出来事
>(自分では大した事ないと思っていたり、忘れてすらいた事、しかし自我形成にとっては非常に重大だった出来事、しかも実は何度も頭の中で再生しているのにそれにすら気づいていない!!)


気づかないですよね。パターンがもう出来てしまっていて、歯の詰め物みたいにフィットしてますね^^今目の前には全然関係のない記憶の残像が、人生の一部になってしまいます。


>自我は巧妙ですね〜、凄い奴です
>苦しませるくせに、その原因を無意識に忘れさせてしまうのです!
>気づかれないうちに逃げるスリの名人みたいな奴です


これは卓見です。苦しませるくせに、原因を無意識に忘れさせる。おっしゃるとおりだと思いました。名人のスリは逃げてくれますけど、自我は逃げてはくれないんですよね^^ずっと同じ財布を狙い続けるという(笑)


>これらを見破るのに思考観察は大変すぐれていると思うのです
>深く自分自身に入って、抱えている信念を見抜く為に。
>毎度同じ事を繰り返しているマインドの愚かさを見抜く為に。


思考観察という巨大な道の一部しか私にはまだまだ見えていないんです。集中するポイントが具体的でわかりやすく、大変すぐれた方法だと私も思います。
ただ、「容易」ではないですね。決して「易しく」ないです。その難しさはどこから来ているんだろう、と言うと「主語」に最初から誤解が生まれてしまうからではないのだろうかと今思っています。
つまり「リンゴ」にも個性があって、主導権を明け渡すのを頑なに拒む「リンゴ」が多数いるわけです。そういうリンゴは、「オイラはまだまだやれるぜ!」って実は思ってると思うんです^^


>でもこれはnobodyさんが仰っているように大変骨の折れる作業です
>私も一時期、仕事がおろそかになっていました
>本当に大変だし、私も常に意識は出来ません。
>ただ思考観察出来る時間がだんだん長くなっているのも事実です


こいさんのその体験は本当に参考になります。こいさんは特に、圧倒的な熱意がある方だとお見受けしました。そういう方はどんな方法論を用いても正しい道を必ず自力で見つけ出す方で、一般の方とはちょっと違うと、私は思っているんです。色々こいさんにもお伺いしたいことがあるんですが、なかなか記事が進みません^^;


>しかし真我発見はまた別のようにも思います
>自分は真我発見が思考観察によるものなのかはもう忘れてしまいましたが、スピ系の著書や瞑想、追いつめられていた心理状況などが複雑に絡み合って
>ある日、「あっ!!」って感じでした


方法論と、真我発見は別。これはまったく同感です。真我は、努力を含む他のものとは「関係ない」んですよね。60年修道院で修行している人生と、真我とはまったく関係がありません。真我は常に、あります。常に、あることを疑い否定するのが、人間の方なんですから。


>だから思考観察だけで気づけるかどうかはその人次第ですよね。
>なぜなら悟りって「究極的な主観体験」ですから真我発見までのルートは人それぞれだと思ってます


究極的な主観体験、まさにおっしゃるとおりです。結局のところ、
手放しますか?イエス or ノー
なんですよね。これを自我に選ばせると、イエスを選んでもイエスを選んだことになりません。選択権はリンゴにはないからです。リンゴはすべてを心の底から諦めなければならない。


>だからY氏の方法が合う方もいれば合わない方もいると。
>私は一助にはなりましたし、今も活用していますがそれだけでは悟りに気づく事は出来ませんでしたね〜〜


Y氏の考えを私も尊敬しています。ただ難しいと感じる方は多くいて、そういう時は、その人にあうどんな方法でもいいと思います。今はありがたいことに選択肢が多いですからね^^


>真我発見って「自分はいない」事に気づく事ですよね。


おっしゃるとおりだと思います^^


>りんごが「自分はリンゴではなく、宇宙生命的な意識だったんだ!今まで俺は赤くて美味しいリンゴだと思っていたのにこれは単なる乗り物だったんだ、しかも今考えているこの思考ですら『考えるという機能』にすぎなかったんだ!」と。
>そしてマインドと体との同一化から抜け出る事、これが悟りですよね!


ここは申し訳ないんですが、私(nobody)には推測になってしまいます。私には悟りとは、最終的になんなのか、まだわからないんです^^こいさんのように、同一化から抜け出たと自信をもっていつか言えるようになれたらとは願ってます^^


>うん、なんだか不思議でおかしな事ですね〜、コントのような事実ですね(笑)


不思議ですよね。本当に不思議な世界です^^


>とりとめもなく長文で失礼致しました
>また次回の記事、楽しみにしてますね!!


こちらこそ、いつもコメント楽しみに拝見してます^^
またコメントいただけるのをお待ちしてますね^^
【2013/12/04 20:43】
09 2017/10 11
S M T W T F S
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]