偽善の匂い


フィオラさんに背中を蹴られ、私は懺悔する。今夜はこれを書きます。今だから言う話シリーズです。7月16日にももんがさんから短いコメントをいただいたんです。


愛を感じたい。ただそれだけなのに、全くわからない。


ももんがさんは「嫌悪感」という言葉を、このコメントに混ぜていました。私はそれをみた瞬間にこれはnobodyに対する「嫌悪感」だと感じていました。そして、ももんがさんは(洞察が)鋭いと思いました。直感です。偽善の匂いを嗅ぎ取っているんじゃないかと思いました。


そんな中でも、ももんがさんが書いた言葉は、愛を感じたいというこの上なく真摯なものでした。
私は全力でお答えしましたが、後でミスったなあと感じてもいました。


ぶっちゃけね、ぶっちゃけ、nobodyの返信って気持ち悪いでしょ。面倒くさいでしょ。
私が逆の立場でも、偽善の匂いを感じとると思うんですよ。


何が偽善かって言うと、本当の善人は、「想念」が綺麗なんです。人生の生き様、軌跡を通じて。だから彼女や彼は最終的に愛を思い出すのかもしれません。
悪を知らないわけではなくて、悪を選ばない、愛を選ぶんです。痛みも何もかも自分で経験して感じて、「それでも」人を攻撃する想念は、出さないんです。
すべてを自分のなかに見出すんです。責任転嫁を選ばない。引力を感じとりながらも、選ばない。それが本当の善人です。


人様の痛みや苦しみにわかったふうなことは死んでも言えないんです。
なぜなら、本当にわからないから。自分で体験したことじゃないから。


nobodyのマインドはあの時点の全力でお答えしようとしました。でも、ももんがさんの痛みを少しでも推測したかというと、そんなことはうっちゃって自己満足の返答に終始しているんです。どれだけ断定している、勝手にこちらの経験を投影している、わたしゃももんがさんの苦しみは体験したことないんです。


そしてnobodyは大いなる愛の何を知っているんですか。
自分さえ救えないのに、えらそーに。
こういうやつを偽善者って言うんです(nobodyのこと限定です)。


だから、ももんがさんには申し訳なかったと思います。
あなたは相談する人物を間違えました。


  ↑↑↑
と、マインドが書きますよね(ここまでの内容はnobodyのマインドの本当の気持ちです。本当の気持ち。事実申し訳ない気持ちでいっぱいです。マインドではなく真我=大いなる愛で返信しなければももんがさんの魂に直接届くエネルギーにはならないからです)それがこのコメントをいただいた時の結果です。
ではここから下はなんでしょうか?



上記のnobodyのマインド「も」演技しているんです。本人になりすます演技です。
真我(本当のわたしたち)が泣いて懺悔しているかのごとく演技しているんです。


マインドは舞台役者です。どんな涙も、怒りも、悲しみも、演技なんです。嫌悪感も。
「愛は」この舞台役者の足の裏に触れている「舞台そのもの」です。
では愛は失われているか?いいえ。
ももんがさんだけではありません。誰からも失われていません。一度も。


そんな構造は問題じゃないですよね。
じゃあなぜ「あるはずの無条件の愛」が感じられないのか。
その舞台役者(マインド)が演技に熱が入りすぎてしまって、自分を役そのものだと錯覚しているからです。
ここからが問題のポイントです。


その名役者は己の境遇に


「抵抗」


しているんです。
「嫌、私はシンデレラなんて嫌!白雪姫も嫌!こんな人生は嫌!」


そして、抵抗しているから「嫌悪感」を感じ取っていないんです。嫌悪感を感じるとおっしゃっていましたが実際はその逆で、嫌悪感を嫌がって避けている可能性はないでしょうか。
(これはnobodyを含め大いなる愛を全面的に感じられていない全員そうです)


いつも今にいることで
今「ある」嫌悪感を十全に感じていないんです。


嫌悪感を避けて、逃げて、回避して、防御して、
「こっちに来るんじゃない!!あっち行って!!」


この嫌悪感は全部、奴らの持ち物!!私が原因の嫌悪感じゃない!!
と、否定しているんです。逃げ回っているんです。違う場所に行こうとしているんです。その中には「次の瞬間」に行こうとするという姿勢も含まれます。


「いまここ」ではない「どこか」へ。


その不快な環境が再現されなければ、回避は成功すると未来を夢見てしまうんです。


この「抵抗」と「否定」が、役者(マインド)が役(人生状況)を真のリアルだと思い込んでしまう原因になるんです。無条件の本当の愛に気づかない原因になるんです。
逃げる(または追う)つもりが、救いから遠ざかる結果を生むパラドックスの中にあります。


舞台上のすべての登場人物を愛している「大いなる愛」に気づかない原因となります。


3文字で解決策を書く場合は、
「止まる」です。それだけなんです。それだけなんですけれども、
実践が、難しいんです。「見たくない」のは個人個人の想いだからです。だからみんな自分のペースで歩んでいます。それ自体が完璧なんです。どんな遠回りも含めて、無駄は何もないですし、この旅自体がゴールそのものです。これもパラドックスです。
自由と愛の両立。私たちはどんな瞬間も、たとえそれを忘れ去って苦しみまくっているときでさえも、この上なく愛されているんです。


コメントのひとつひとつが贈り物です。



恥ずかしい話をひとつして、ふたつして、隠さなきゃって思っていることをバラしていくうちに、だんだん防衛意識はやけくそになってきます。本当にこいさんはすごいと思います。私は天使にラッパを吹かれる道がいいし、派手で楽なものがいい。そう思って逃げ回ってたら死神に日本刀を振り回されるという道に追い込まれました。人生って本当にジョークです。


この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは!!
ご自分の自我、マインドの動きを正直に
記事にして下さるnobodyさん、感謝です
私も再確認ができます、nobodyさんの記事のお陰で
より理解が深くなっています

レナードジェイコブソンの「今この瞬間への旅」
から引用します。P164から〜〜
「〜〜ひとたび自分自身のエゴを知ると、あなたは
全てのエゴを知るようになるのです、これは私たちの存在の偉大なる神秘の一つです」

そう、たったこれだけなんです
私たちは動物界で最もか弱い存在として
生を受けました。だから親や社会の庇護を受けてしか生き残れなかった
そこで刷り込まれた人間とは、人生とは、、、の概念
その概念を基に、自我は私を守る戦略をたてました

私を守る自我は、

「人と自分を比べて不足感を感じさせる」
「お金も、良い車も、大きな家も、自分を守る人間関係も
、スピリチュアルな至福体験ももっと欲しい!まだ足りない!もっともっともっと!」
と育っていきます、形は違えど、これに例外はないと思います
我々はみな同じ自我を抱えているのですね

不思議ですね
私とnobodyさんの抱えている自我はおんなじなんです

そしてnobodyさんが仰るようにこの自我に「抵抗」するから
苦しみがよりいっそう生まれてくるんですね
苦しいから、この「嫌悪感」=「自我」を避けてしまうんですね

だから沸き上がってくる自我を正直にとらえてはいけない
これは皆が持っている自我の一面なのだから、自我を感じたら、
「お〜〜沸き上がって来た、以上!おしまい!!」です(笑)
決して深刻にとらえて自己否定してはいけません

だってこれは全ての人間が持っている「マインドの機能」なだけなのですから

そしてここからが矛盾しているようですが、深刻にとらえないように
しながらも、しつこい自己否定の感情が沸き上がって来たときは
必ず原因があります、たぶん過去の出来事に。
自我がふたをして抑圧してきた原因があるからいま自己否定するんですね
それを探し出すんです、Y氏も最近ブログのなかで仰っていますね

人間はみんな優しいから、善に生きたいという思いが強いから
この自我と自分を同一視してしまって、おかしな事になるんです
凶悪な犯罪者も、善に生きたいという思いが複雑に変化し、人を傷つける
様になると思うんです

我々は生まれて間もない頃は、至福だったんです
自我がすべてを歪ませて行くのです

自我はシステムに過ぎない
しかしその原因は見つめなければいけない

そして最終的には自我がなければこの人間社会を生きて行けない
自我がなければ神はこの人間社会を楽しめない
これは大いなるパラドックスですね

「完全覚醒」とはバーソロミューが言う所の
「自分自身のマスターになる」ことであり、けっして完全なる聖人に
なるわけではないと思うんです、自我がある限り、いわゆるネガティブな感情が
沸き上がらないなんて「ありえない」んですね

だから皆、安心して下さい
今の、ありのままのあなたで100%完璧です
あとはそんな自分を肯定出来るか、そのマインドの働きと自分を
同一視しないだけ、今にいれるかどうか、だけです!

nobodyさんの記事に触発され、またもや長文書いてしまいました
nobodyさんのブログをお借りして好き勝手書かせて頂いて感謝です!!
これを書く事により、私も浄化されていく感じです

PS
私がレナードジェイコブソンの引用したい記事を探そうと思い適当にページを
めくると、なんと一発目に探したいページが出てきました!
、、、神はいますね、絶対に!
こい 2013/12/12(Thu)03:28:13 編集
Re:無題
こいさん、こんばんは^^


>こんばんは!!
>ご自分の自我、マインドの動きを正直に
>記事にして下さるnobodyさん、感謝です
>私も再確認ができます、nobodyさんの記事のお陰で
>より理解が深くなっています


とんでもないです。自我は専門家ですからね、任せてください^^
こちらこそ、こうして補足を入れていただくことで、この日記が浄化されています。
フィオラも喜びますし、いつでも大歓迎です^^


>レナードジェイコブソンの「今この瞬間への旅」
>から引用します。P164から〜〜
>「〜〜ひとたび自分自身のエゴを知ると、あなたは
>全てのエゴを知るようになるのです、これは私たちの存在の偉大なる神秘の一つです」


確認しました。芋づる式ですよね。
いやー、私が埋めた芋の数は膨大そうだなあ^^頑張りますぞ。


>そう、たったこれだけなんです
>私たちは動物界で最もか弱い存在として
>生を受けました。だから親や社会の庇護を受けてしか生き残れなかった
>そこで刷り込まれた人間とは、人生とは、、、の概念
>その概念を基に、自我は私を守る戦略をたてました
>
>私を守る自我は、
>
>「人と自分を比べて不足感を感じさせる」
>「お金も、良い車も、大きな家も、自分を守る人間関係も
>、スピリチュアルな至福体験ももっと欲しい!まだ足りない!もっともっともっと!」
>と育っていきます、形は違えど、これに例外はないと思います
>我々はみな同じ自我を抱えているのですね


これはため息が出るほど鋭い洞察だと感じました。
しかもこれらの特徴が「私を守る」ための戦略だと。以前にもおっしゃっていましたが、庇護者・保護者なんですね。無意識の感情の抑圧なども、正気を保つための防衛戦略ということですね。


>不思議ですね
>私とnobodyさんの抱えている自我はおんなじなんです
>
>そしてnobodyさんが仰るようにこの自我に「抵抗」するから
>苦しみがよりいっそう生まれてくるんですね
>苦しいから、この「嫌悪感」=「自我」を避けてしまうんですね


おっしゃるとおりだと思います^^


>だから沸き上がってくる自我を正直にとらえてはいけない
>これは皆が持っている自我の一面なのだから、自我を感じたら、
>「お〜〜沸き上がって来た、以上!おしまい!!」です(笑)
>決して深刻にとらえて自己否定してはいけません


ここから先の補足と解説は、特に丁寧で要所要所を押さえてあって、ありがたいです。
深刻に同一視してしまうと、自我の混乱に強く巻き込まれ、自己否定につながってしまうんですね。


>だってこれは全ての人間が持っている「マインドの機能」なだけなのですから
>
>そしてここからが矛盾しているようですが、深刻にとらえないように
>しながらも、しつこい自己否定の感情が沸き上がって来たときは
>必ず原因があります、たぶん過去の出来事に。
>自我がふたをして抑圧してきた原因があるからいま自己否定するんですね
>それを探し出すんです、Y氏も最近ブログのなかで仰っていますね


これは感動しました。
方法論は踏襲しているはずなのに「なぜか」うまくいかない場合というのがあって、
そういう時は封印した過去に自己否定の原因があるんですね。
ブレナン女史の「原初の傷」ですね。大事なことを思い出させていただきました。こいさん、ありがとうございます^^


>人間はみんな優しいから、善に生きたいという思いが強いから
>この自我と自分を同一視してしまって、おかしな事になるんです
>凶悪な犯罪者も、善に生きたいという思いが複雑に変化し、人を傷つける
>様になると思うんです


これはまさに卓見ですよ。善人になろうと思っていたらいつのまにか悪人になっていた。悪人になろうと思っていたらいつのまにか善人になっていた。善悪は太陰対極図と一緒ですね。


>我々は生まれて間もない頃は、至福だったんです
>自我がすべてを歪ませて行くのです
>
>自我はシステムに過ぎない
>しかしその原因は見つめなければいけない


至言だと思います。自我はシステムに過ぎない。歪みが生まれた原初の傷は発掘して意識下にさらさなければならない。


>そして最終的には自我がなければこの人間社会を生きて行けない
>自我がなければ神はこの人間社会を楽しめない
>これは大いなるパラドックスですね


そういう見方も可能なんですね。確かに自我がなければ生きられないですね。
覚醒を目的としている修行者と、その後まで含めたトータルな視点の違いをいま考えさせられました。全ては飼っている猫が「太りすぎた」みたいな感じですね。主人を引っ張るどころか顎で使うようになってしまった。「ダイエット」すればいいわけで、誰も「いなくなって」ほしいわけじゃない。


>「完全覚醒」とはバーソロミューが言う所の
>「自分自身のマスターになる」ことであり、けっして完全なる聖人に
>なるわけではないと思うんです、自我がある限り、いわゆるネガティブな感情が
>沸き上がらないなんて「ありえない」んですね


これは私は別の意見です。ですが、こいさんが私の記事を読みながら、今までそれを一度も口にされなかったことに、私は優しさを感じてちょっととても嬉しかったです^^人柄ですね。そして、下段の話につなげている部分も、こいさんの認識はこいさんの認識で100%正しいとも思います^^
さらに自分自身のマスターになる、を取り上げていただいたのも嬉しいです。自分自身のマスターになるの重要性、特に実践の過程において、こいさんは私とは雲泥の差ですから、その経験からの言葉に感謝します^^


>だから皆、安心して下さい
>今の、ありのままのあなたで100%完璧です
>あとはそんな自分を肯定出来るか、そのマインドの働きと自分を
>同一視しないだけ、今にいれるかどうか、だけです!


シンプルかつ、具体的で何よりの地図になります。
このコメントを読む方にとっても極めて重要な点です。本当にありがとうございます^^


>nobodyさんの記事に触発され、またもや長文書いてしまいました
>nobodyさんのブログをお借りして好き勝手書かせて頂いて感謝です!!
>これを書く事により、私も浄化されていく感じです


ここです、ここ。私とフィオラは大歓迎ですから、その浄化、こちら「が」特に浄化されているのでぜひ!毎日補足をいただきたいぐらいです。こいさんのお時間と体調さえよろしければ、いつでもお待ちしていますから^^


>PS
>私がレナードジェイコブソンの引用したい記事を探そうと思い適当にページを
>めくると、なんと一発目に探したいページが出てきました!
>、、、神はいますね、絶対に!


絶対に、いますね^^
このコメントも嬉しかったです。ありがとうございました^^
【2013/12/13 01:49】
09 2019/10 11
S M T W T F S
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody