忍者ブログ


門出


こいさん、おめでとうございます^^
こいさんの真の勇気を心から尊敬しています。
傷つき迷う兄弟姉妹の灯火でありつづけてください。



 正しいか間違っているかの前にあるがある


解釈の前にあるがあります。もう少し「未来」には良くなるんじゃないか、という発想はこのいまの「ある」の一部であって、固定観念で構成された空想上の棚の形状のようなものです。過去の足跡も同様で、足跡はいま「ある」の一部であって、棚のかたちです。


否定できないのは「ある」だけであって、それは否定を起こそうとする前に「ある」からです。
努力してなにかがみつかるだろうというのは空想であって、いま「ある」があります。


許すか、許さないかの前に「ある」
抵抗するか、手放すかの前に「ある」


行為の前に「ある」
思考の前に「ある」


この「ある」空間の「中を」特定の方向に向けて移動している感覚が行為者の感覚です。
特定の方向というのは、それ以外の方向を捨てることを意味します。


あるは捨てていません。気づいているだけです。
なにも捨てず、なにも足さず、気づいているだけです。
マインドは捨てたがり、足したがっていますが、マインドのそういう姿勢に気づけるのはマインドがわたし(のすべて)ではないからです。もう少し別の要素があります。


いま無条件に自分を宥しているとは、行為ではなく、否定できない「ある」にゆだねていることです。ゆだねる「主体」があるわけではなく、「ある」の上で何かを起こそうとするいつもの意識が止まることです。空想の棚を構築するパターンが再展開する前に、「ある」がままにゆだねていることです。nobody



この単純な真理にどうか目覚めてほしいと思います。つまり、あなたが求めているものは、絶対的に完全に豊かに存在する、今この瞬間に完璧に存在する、という真理です。それはこの場所にあり、あなたの内側にあり、あなたの外側にあり、目に見えるところにも見えないところにも、あらゆるところにあります。「神秘的な何か」はすべてのもののなかにあります。


ですから、それを手に入れるために、どこかへ行ったり未来のいつかを待ったりする必要はありません。自分を磨き上げて「大いなる光」を呼び寄せる必要もありません。自分のなかから否定的な思考を取り除いて、もっと清らかになろうとしても、「大いなる光」を引きつけるほどの輝きを得ることはできません。なぜならそのことと、自分が「大いなる光」であることを発見することとのあいだには、何の関係もないからです。


自分が「光」であることを自覚するために、「光」はもっと輝きを増さなくてはならない、などと考えるのはじつにバカげたことではありませんか。自分がすでにそうであるものになるために努力しなければならない、などと考えるのはおかしなことではないでしょうか。するべきことはただひとつ、決心することです。

自分が今この瞬間、覚醒者であるということを認める意志があるのかどうか、深く自分の心に問いかけてください。その決心をする日がいつかはやってくるはずです。次にあげる二点について信じる意志がありますか。まず、神は在るということ。もうひとつは、何ひとつ今の自分を変えることなく、今のあるがままの姿で自分も神である、ということです。あなたは自分の本質についての真理を受け入れ、あらゆる瞬間にその真理を体験する意志がありますか。bartholomew



上記のバーソロミューの表現は無駄がなく、結晶のようなものです。覚醒するまでの最高のあり方についてバーソロミューが語ったことがあって、それは「いつも瞬間にいる」ことだと。瞬間にいるならマインドは勝手に静まるので、多量の思考には悩まされないし、解釈から離れることになるので、分離感を感じ続けようとすることもできない。


で、それは具体的にはどういうこと?というと、「肉体の中に」意識があることは必要条件です。肉体に接触しているものの肌触りとか、周囲を吹く風のこと、腰痛なら腰の痛み、頭のてっぺんから足のつまさきまで、全部感じていること、そういうことですね。これはバーソロミューがかつて人間だった時にやった方法です。今この瞬間の「あらゆるエネルギーの動き」に集中することです。それは気づいている主体を気にせず、気づかれているものの全体だけをありのままに感じ、受け取り、体験します。


では思考観察はどうかというと、頭蓋骨の中に集中していますので、意識を特定方向に向けていることです。でも肉体を見ているわけではなくて、「気づきが気づきを見ていること」に集中することです。「思考に」気づいているというのは便宜上の話であって、思考という感知できるエネルギーに気づいている、ならそれ自体は思考ではないのだから、そこから入ろうよということです。気づきが気づきに気づくことの習慣化で定着が起きると。その際に「思考」というのは問題・厄介事を生み出す根源的なポイントなので、この中心的問題と同一視・同一化を起こさなくなるのは道の途中過程でも大きなメリットだよと。


愛の話、また後伸ばしになってます。また明日です。


この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
nobodyさん
ありがとうございます!

最近思うんですけど、悟りに気づいた後も
相変わらず執着する思考があり、過去の出来事から
無意識に呼び起こされた感情も湧き、、、

一発でドーン!と非分離の世界まで行く人って
実はそんないないと思うんです

日々日常を生きながら、自分の「感情」というセンサー
と向かい合い、嫉妬心、怒り、自己否定、悲しみが
湧いて来た時に「さてこれはなんだろう?私の握りしめているどんな信念が
この不快な感情を呼び起こすのだろう?」と自分と向き合う事が大事なのではないかと思うんです

めっちゃ地味ですよね
骨と心が折れる作業です
阿部敏郎さんも言っていました、「それは天使がラッパを吹いて祝福してくれるような
そんな道ではない」って

「悟り」が「私の日常生活」に顕われれば顕われるほどに、
不快な違和感が起こるとすぐに気づきます、悟りの前は無意識で嫌な感情を
抑圧してくれていた自我の働きにすぐ気づきます
(これは思考観察の成果でもあると思います)

だから向き合わざるを得ない、そしてこれは間違いなく「神の恩寵」、
アジャシャンティの言う所の「あらあらしい恩寵」だと思うんです

何を言いたいのかというと(笑)
たぶんこのブログを見てらっしゃる方のなかにもいると思うんです
悟りの一瞥、ワンネスを経験したにも関わらず、それを失ったと思っている方が

でも失ってなんかないんです、その恩寵は「現在進行形」で続いて行くんです
だから思考に巻き込まれても、嫌な自我の側面に嫌気がさしても、それは
自分と向き合う「神の恩寵」なんです

そのとき、神は必ずその人に必要なマスターに出会わせてくれます
それは書籍かもしれないし、nobodyさんの様にご自分の体験をシェアして下さる
方かもしれない(nobodyさん、私の勇気を褒め讃えてくれますが、nobodyさんが
ご自分の体験をこうやってシェアして下さっている勇気に私は感謝します)

みんな真我であり、今すべてが完璧です
そして我々人間は「本当の自分」を思い出すため導かれています
本当に完璧な筋書きです、いつか皆悟り、私とあなたは同じだった事に気づきます
だから苦しみは神の筋書き通りなんです
神にはポジティブもネガティブもない、神には愛しかない
だから苦しみは人間にとってはネガティブでも、それは「ただただ純粋な神の愛」
なんです

だから皆安心して下さい!
安心して苦しんで下さい(笑)
それは純度100%の神の愛です、それは美しい神の恩寵です

nobodyさん、私もまだまだ嫌な思考に巻き込まれるときもあると思います
そんな時は今日みたいな事言ってないかもしれないです(笑)

でも今日はこんな気分なんで書き込みさせて頂きました
いつもありがとうございます
今日の記事は何か嬉しかったです!!
長文失礼致しました



こい 2013/12/11(Wed)03:28:53 編集
Re:無題
こいさん、こんばんは^^


>nobodyさん
>ありがとうございます!


とんでもないです。このコメントの重要性も、こいさんの愛の意図も本当にありがたく感じています。私はもらってばっかりですよ^^


>最近思うんですけど、悟りに気づいた後も
>相変わらず執着する思考があり、過去の出来事から
>無意識に呼び起こされた感情も湧き、、、
>
>一発でドーン!と非分離の世界まで行く人って
>実はそんないないと思うんです


優しさが伝わってきます^^
おっしゃるとおりだとも思います。


>日々日常を生きながら、自分の「感情」というセンサー
>と向かい合い、嫉妬心、怒り、自己否定、悲しみが
>湧いて来た時に「さてこれはなんだろう?私の握りしめているどんな信念が
>この不快な感情を呼び起こすのだろう?」と自分と向き合う事が大事なのではないかと思うんです


ありがとうございます^^私にとっても何よりのヒントです。今夜はですね。こいさんのこのコメントの重要性も拾えるように書けないかと思って書いてみました。もしよろしかったらお時間のある時にご一読ください。


>めっちゃ地味ですよね
>骨と心が折れる作業です
>阿部敏郎さんも言っていました、「それは天使がラッパを吹いて祝福してくれるような
>そんな道ではない」って


ふふふ。本文に書きました^^


>「悟り」が「私の日常生活」に顕われれば顕われるほどに、
>不快な違和感が起こるとすぐに気づきます、悟りの前は無意識で嫌な感情を
>抑圧してくれていた自我の働きにすぐ気づきます
>(これは思考観察の成果でもあると思います)


これは、このお話自体が結晶ですね。少しも無駄にしないように受け取らせていただきます。


>だから向き合わざるを得ない、そしてこれは間違いなく「神の恩寵」、
>アジャシャンティの言う所の「あらあらしい恩寵」だと思うんです


記憶に刻みますね。


>何を言いたいのかというと(笑)
>たぶんこのブログを見てらっしゃる方のなかにもいると思うんです
>悟りの一瞥、ワンネスを経験したにも関わらず、それを失ったと思っている方が


こういうお気遣いが嬉しいですね。
そうです。おっしゃるとおりです。神秘体験を経た者の中には、それを失ったと思い、取り戻すために一生を傾け、憔悴しきっている人々が多くいると伺っています。
もちろん、私もその一人です。


>でも失ってなんかないんです、その恩寵は「現在進行形」で続いて行くんです
>だから思考に巻き込まれても、嫌な自我の側面に嫌気がさしても、それは
>自分と向き合う「神の恩寵」なんです


私は、この言葉は、完全覚醒するまで「忘れない」です。
宝物にします^^そして何よりその優しさが嬉しいです。


>そのとき、神は必ずその人に必要なマスターに出会わせてくれます
>それは書籍かもしれないし、nobodyさんの様にご自分の体験をシェアして下さる
>方かもしれない(nobodyさん、私の勇気を褒め讃えてくれますが、nobodyさんが
>ご自分の体験をこうやってシェアして下さっている勇気に私は感謝します)


このお気持ちはありがたくいただきます。
フィオラから脅されて始めただけですから、私の計画ではありませんが、フィオラも私抜きではちょっとは困るでしょうから、少しぐらいはいいですよね^^
こいさん、お気持ち嬉しいです。ありがとうございます。


>みんな真我であり、今すべてが完璧です
>そして我々人間は「本当の自分」を思い出すため導かれています
>本当に完璧な筋書きです、いつか皆悟り、私とあなたは同じだった事に気づきます


ありがとうございます。


>だから苦しみは神の筋書き通りなんです
>神にはポジティブもネガティブもない、神には愛しかない
>だから苦しみは人間にとってはネガティブでも、それは「ただただ純粋な神の愛」
>なんです


これはおっしゃるとおりだと思います。そして人間には、それが見えないのも旅の途中の愛なんですね。一時は見捨てられた!と思うし(それはイエスだってそうだったのですから)なんて残酷な世界なのかと思える現象はたくさんあるけれども、神の王国は確かに、いま、ここにあるということですね。


>だから皆安心して下さい!
>安心して苦しんで下さい(笑)
>それは純度100%の神の愛です、それは美しい神の恩寵です


この言葉を真実から口にする人は潔白です。
人として、仲間として誇らしいです^^


>nobodyさん、私もまだまだ嫌な思考に巻き込まれるときもあると思います
>そんな時は今日みたいな事言ってないかもしれないです(笑)


みんなそうですね^^でも、確かに勇気と栄光は、神がみていました。
わたしたちも含めて。


>でも今日はこんな気分なんで書き込みさせて頂きました
>いつもありがとうございます
>今日の記事は何か嬉しかったです!!
>長文失礼致しました


とんでもないです。嬉しかったのは、このコメントをいただいた私です^^
皆さんへの愛に満ちていると感じました。御礼申し上げます。
ありがとう、こいさん!!^^
【2013/12/11 23:37】
10 2017/11 12
S M T W T F S
22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]