忍者ブログ

厳格な拒絶と至高の帰依


ニサルガダッタは「あらゆる想念を潜ませることへの厳格な拒絶」と言い、プンジャジは「ただ一つの想念も起こさないことこそ至高の帰依」と言いました。


要点はここです。
思考とは分割に他なりません。


押しつけた分割が世界を生みますが、分割さえなければ世界など存在しないことがわかるのです。
分割の源はどこでしょうか。「私」です。


想念を起こさない


これが崖の淵に行く方法です。崖の淵から先のジャンプは誰にも方法がわかりません。
神に達する方法を知る者はいません。
わたしたちが神だから、です。


ですから人間として知ることのできる限界は、
崖の淵に至るまでです。


求道者、探求者は「沈黙」しているのです。
いろいろな疑問が発生することをありのまま観察し、自分に問いかけます。


「これらの疑問は誰に起こったのか?」


疑問の答えは不要です。
疑問が誰に発生したのかを遡ることができればいいのです。


この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
07 2017/08 09
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]