no title
私は思考せずにあるという自覚 その1


意見を言う「私」のことは一時脇に置いて、
何も言わない「沈黙」のどっしり感を見つめます。


少し思考が流れてきても、沈黙自体に集中していれば沈黙が残ります。
私は思考しないでも今生きて、あるのだろうか?


ある。
触覚をそのまま受け取り、ある。
音をそのまま受け取り、ある。
思考のなさをそのまま自覚し、ある。
解釈は必要が、「あえてする必要がない」のです。


いま、あなたは誰ですか。
あるですか?


ただの、あるですか?


言葉で応えません。自覚で応えます。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
23 24 25 26 27 28 29
HN:
Fiora & nobody