「スプラナ(sphurana)」


輝き、振動を意味する。真我探求において「私」という想念の湧き起こる源に注意が向けられ、そこに純粋な存在としてとどまるとき、「私」は消え去り「私-私」という無音のスプラナがおのずと輝きだす。このスプラナさえも消え去ったとき、「私は身体だ」という形の自我は完全に破壊される。


やまさんが頭の中に振動があって、そこに意識を向けると静寂が訪れると発言されていたとき、やまさんは「成った」と思いました。私も同じように感じていたからです。


スピリチュアルブログのランキング1位の方が以前
人間の本質を「わずかに揺れ動いている光」
という描写をされていることがあったんですね(引用厳禁のブログのためこれだけ)。


この正体は人間の本当の姿
純粋な目覚めた意識(波=大いなる愛の光)です。
純粋さを感じる段階が、スプラナであり、振動です。
一部の透視能力者は球体の星(魂)も観測できるのだと思います。



阿修羅(asura)
サンスクリットでasu生命 ra与える
本来は生命を与える者の意。


手が何本もあります。一見便利ですが、その手にモノを持つたびに大事なことを忘れてしまうものです。


それは、持つ必要はない、という事実です。


持たなければ「ならない」と考えた理由があるはずです。


それは、「私」という行為者がいる、という基本発想に基づいています。


「私」こそが「しなければならない」という枠をはめています。


逆に「私」がいなかったら、と考えてみます。
「誰」が体を動かしているんでしょう?わかりません。
「誰」が食べ物や飲み物を摂取するタイミングを計っているんでしょう?わかりません。
「誰」がわからないんでしょう?…。


だんだん答えようがなくなり、質問しようもなくなります。
「私」がいないこの「世界」で世界を誰が認識するでしょうか。誰も認識しません。


ですから「私」が消えたら、みんな消えるんです。


みんなが生きているのは、みんなが笑っているのは、みんなが泣いているのは、
「私」がいるからなんです。


世界が「このようである」のは、
「私」がいるからなんです。


もっと平たくなります。
「このようである」のが「わたし」なんです。


観測者がいなくなると、「見る者」「見られるモノ」「見ること」が統合されます。
もともとこれらに分離はなかったと気づきます。


残るのは「見ること」だけです。
そして「見ること」という認識ができなくなります。


それは1でも0でも2でもない
「あるがまま」です。


この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
HN:
Fiora & nobody