フィオラは一文字も悪口を言ったことがない


一言も悪口を言わない、ように努めるというのは人間誰しもできます。でもフィオラと知り合ってから、わたしが彼女と会話しながら学んだことは、自称死のガイドな死神フィオラは悪口を言わないことです。まったく言わないです。気配すら1ミリもないです。ですから一文字も言わない。


沈黙しているんです。海の底にいるように。


そして、これから移動する方向だけ誘導灯のように示しているようです。


誰かや何かから離れることを示唆する(ようにnobodyには思える)ときは、御礼申し上げ、感謝して受け取り、


この贈り物をあなたが活かす番なのです、とわたしに説きます。


生前のフィオラはイタリア人、カトリックのはずです。
ですがキリストのことはほとんど語らず、彼女が語るのはアマテラスオオミカミと思しき「皇(すめらぎ)」のことばかり。


これから何が起ころうとも、皇を信じなさい。


そう言われています。



この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
28 29
HN:
Fiora & nobody