忍者ブログ

大事なことはプログラムの一行


トンイ~イ・サンのことを語らせてもらいますね。
「トンイ」の画像検索結果
トンイの息子が英祖



英祖の孫が正祖(イ・サン)トンイのひ孫


ドラマとしてこの2作の流れがおもしろいのは
本当に価値のある「受け継がれるもの」はあるのか、あるならそれは何か、感じることができるような気がしたからです。


英祖は幼少のサンに対して
王が第一にもっていなければならない資質とは何か?


と問い、さんざん考えさせたあげく答えを与えませんでした。


「花燃ゆ 吉田松陰」の画像検索結果
大河「花燃ゆ」の吉田松陰は門下生に
君の志は何か?


と問いました。


この二つの問いは同じものを指しています。


王とは?
志とは?


公です。公を想い、貢献せんとする心です。


人は関係性の中でのみ生きていて、私を定義することは、実際は公の中でしかできません。


そして公とは、





であり、民とは
自分を含めすべての人の尊厳を指します。
すべての人である以上、敵対関係にある人も、言うなれば動植物まで含みます。


公のために
民のために
己の全てを尽くし役立てたい


それが志です。


私(わたくし)のために
と転倒した想いは志ではありません。
なぜそれは志ではないのか、は先達が明らかにしてきた叡智です。


愛のない者は一人もいませんが、
愛の発現を邪魔する「怖れ」のない者も一人もいません。


己の怖れよりも
人の尊厳を優先する者であるかどうか


それこそが正しい道であることを最初にガーっと言われる者は幸福です。


坂本龍馬は政(まつりごと)について
アメリカでは、大統領が、最も弱い立場の人の暮らしが立つように考えて政治をやる。徳川幕府は徳川家の繁栄のみを考えて、三万人の人間をおさえてきた。幕府、幕下の諸大名しかり。


と書き残しています。
こんな素朴な視点が、あるべき政治を想う明治維新の原点でした。


身分にかかわらず志のある人々が時代を変えていきました。


この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
09 2017/10 11
S M T W T F S
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]