0秒 6日目

こんばんは。ちょっと思考実験にお付き合いいただけませんか?
今「あなた」と同じ外見と性能と思考パターンと感情パターンをもつ「アンドロイド」を1体作ったとします。判断力も行動力も全て本人と同一の性能です。
このアンドロイドのメモリを1秒間に縮小して、今起きていることしか記憶できず、この瞬間の記憶が1秒前の記憶を消してしまう状態になったら、このアンドロイドの生産性は、あなたと比較してどう変わると予想されますか?私はこれ相当生産性が上がるような気がするんです。

今までのAIは「デカルトの知能発生原理」にもとづき、 まずセンサーでもって周囲の状況を検知し、認識し、いくつかのステージ(段階)を経て最適解を見つけ出し、作動させるというやり方です。 これは、多くの段階を次々にクリアーしていくという、言うなれば直列的なプログラムの組み方なんです。これに対し、ブルックスの人工知能ロボットは、そうではなくて全てのステージ(段階)を同時に動かします。言うなれば並列的なプログラムの組み方なんです。 ちょっと分かりにくいでしょうけど、要するに考えて何かをやるというのではなくて、

「先のことは計算しないでとりあえずやる!」
「危険だと思えばともかく身を引く!」

そういう基本的な考え方に基づいたプログラムになっています。
参考までにこちらの書評2件をご覧いただけますか?人工知能→人工本能
サブサンプション・アーキテクチャとは何か?
この人工本能という書評の捉え方、うなってしまいました。たとえば光センサーをつけて「明るい方に顔を向ける」というプログラミングをしたロボットを2台用意して反対方向からぶつけるように進ませるとします。勝手に衝突を回避し道を譲りあい、接触せずに進むことができるわけです。
何が言いたいかというと、スピリチュアルの道というのも基本的にこれに近いのかなと感じるのです。
0秒とは、今の光なんです。
思考を完全に捨てましょうというつもりではなくて、「知能」と「本能」を使い分けられる人間が増えればいいと思いませんか。
さらに人間の場合は0秒にインスピレーションを受けるボーナスまであります。

こんばんは。エイプリルフールですね^^
今夜のテーマは「受け入れる場所と受け入れない場所」です。

受け入れる場所とは「空間」です。あなたの肉体や思考や感情を常に包んでいる空間が潜在的可能性の全てを受け入れ、静止しています。

対して受け入れない場所とは「どこにもありません」
ですが、あるように感じます。
これが幻の「自我」であり「思考」であり「脳内活動」です。

自我は「抵抗可能」だと思っています。
なぜなら「私は在る」と思っているからです。
ところが、「私はない」のです。
私は在るという感覚は「空間」の感覚であり、自我は誤解をしているのです。

エイプリルフールにふさわしい嘘とは、「自我が語る=私は在る」です。
私は、ないのです。


私の愛読書がバーソロミューなのは何度もお話していますが、多角的に色々な切り口から話すバーソロミューの結論とは何なのか、何度も考えてきました。

「いつも瞬間にいる」バーソロミューの1冊目に書かれたこの言葉だと思いました。

彼が人間だった時「エネルギーの動きだけ」に集中していたというエピソードも印象に残っています。誰もが異なる環境に置かれ、その人にふさわしい「瞬間いま」に囲まれている。

たとえ、科学やスピリチュアルと呼ばれる分野をまったく知らなくても構わないのです。
それどころか知識が0でも構わない。
現在牢屋の中にいても、どういう状況でも構わない。
それは潜在的可能性そのものだからです。

本人に必要なものは全て、瞬間いまに配置されています。
配置されているものと、配置されていない潜在的可能性の全てです。

瞬間いまそうであるものに、どう向き合っているか?
どう分離をみている(つもりになっている)のか?
どう抵抗している(つもりになっている)のか?

結局のところ、それこそが、現実を創造するメカニズムだと思います。
そう、それは「視点」です。

悟った人間や完全覚醒者がどういう方向に進むかというと、
意識的な選択がゼロの領域に進んでいきます。

なぜ選択しないのか?
選択しないのではなく、選択できないのです。

選択する実体がない、ことに気づいているからです。

全てがひとつ、ということは、どこにも分離がなく、何も違いがないことに他なりません。
全てが自分であるのに、自分以外を選択することはできません。
自分が自分であることは選択ではないのです。

それがどれほどの「快楽」であるか、実際に思い出さなければ何もわかりません。

私たちが分離という実在しない概念にどれほど苦しんでいるか、のたうちまわっているか、
苦しいから思い出す方向に導かれるのです。

今の苦しみを「敵」に回す態度をストップしましょう。
それは「味方」で「見方」です。

今日もありがとうございました。
03 2020/04 05
S M T W T F S
8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
Fiora & nobody