忍者ブログ
0秒 12日目

こんばんは。今夜のテーマは「影と光」です。


「光の空間」はまさにクオリアのため直接伝達することができず、現実と呼ばれる世界が光によって投影された「影の世界」だと気づくことはなかなかできませんでした。


外側とは内側のことであり、内側とは外側のことであるシンプルだけれども鏡のような世界の構造に私たちは簡単に騙されてしまいました。


人間社会で最も多く使われた単語であろう「愛」もその意味は大きく誤解され、本来内に向けるものなのに、外に向けるものとされていました。
それが内なる光の空間を指すことに気づかれることはほとんどなかったのです。
おそらく人類史上初めて、この傾向が逆転し始めています。


S(気づいている意識)の定着と愛の定着は同時だと思うようになりました。


本来は。


この定着時に、ハートチャクラが「怖れ」で蓋をされている場合のみ、愛の定着との時差が発生するような気がしています。

S(静寂)と愛は同じものです。


透明な光(絶対静止)の深度に近づけば近づくほど「あり方」の愛が姿を現し始めます。
通常の意識状態で聞いても、「あり方そのものが愛」というのは想像ができない観念でしかありません。ですが、事実です。


個々人に沿った台本が誕生時から目覚めの瞬間まで改変を加え続けられながら今、存在しています。
学んでいるのではありません。
役者が、台本に沿って演技をしています。
体験のためにです。


私たちは眠っているのです。


そして、「現実」という呼び名で住人から呼ばれる「夢」の一シーンを今この瞬間に現在進行形で体験しているのです。こういう言葉も、今この瞬間にあなたが光の空間を感じるために内側に意識を向けている「状態から」外側を体験していないと意味が通じません。


人を優しく揺り起こそうとする呼び声が今高まっているようです。


風景は変わりませんが、風景を「映写」している「わたし」に気づくことで、空間意識に移行することで、内側が外側であると気づくことで、胸中心奥から「満ち足りている」愛エネルギーが起きている間中ずっと続くようになっていきます。

Sから(意識の焦点が)外れれば愛からも外れ、
愛から(意識の焦点が)外れればSからも外れます。


透明な光はあらゆる感覚を超越するため、
どんな至福にも終わりがありません。


それは二極性の世界の進歩と退歩の天秤に囚われる進歩ではなく、
終わりのない至福創造の旅とも言えます。


私たちに限界はありません。
透明な光は概念だけを超越するのではなく、あらゆる神の感覚をも超越します。
それが神なのです。
それは何もしない、そしてあらゆることをする潜在的可能性です。
あなたの正体がそれであることに気づき、帰還は完了し、また同時に新たな創造の旅が始まります。


透明な光は静止したまま、どこまでも創造の自由を祝福しています。

今日もありがとうございました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
nobodyさんこんばんは。
Sイコール愛なんですね。Sの感覚が未だにうまく掴めないのですが、今日の記事にあった写真のような蓋でハートが閉じられているからなのでしょうか。自己否定の感情が強く、周囲の目が気になり、感情の波に飲まれている時間が多いです。後でふと我に返り感情に飲まれていたことに気付きますが、同じような場面になるとまた飲まれてしまうことの繰り返しで…ループから抜け出したいのですが手強いですね。
ハートと関係ないかもしれませんが、昔から首から胸にかけて違和感というか何かザワザワした感覚があり、丸首シャツや散髪のときに首に巻かれる布が苦しくてたまりません^^;
sk 2013/04/07(Sun)20:43:59 編集
Re:無題
skさん、こんばんは^^

>nobodyさんこんばんは。
>Sイコール愛なんですね。Sの感覚が未だにうまく掴めないのですが、今日の記事にあった写真のような蓋でハートが閉じられているからなのでしょうか。

ハートの蓋が閉じられている場合に感知できなくなるのは「愛」の熱源の方ですね。「S」はですね、先日4月1日からのやまがみさんの説明が非常にわかりやすいかも知れません^^

今skさんがパソコンを見ているとして、
1、まずパソコンを見ているskさんに気づき、
2、skさんに気づいているskさんからパソコンを見続けます。
これが「S」状態です^^
つまり「見ているskさん」と「見られているパソコン」の二つともを同時に
「気づいている状態」です^^

これをやってもすぐにskさんの今の状態は習慣により「忘れ去られます」。
何度も何度も思い出します。これがS移動です。定着するまでS移動をひたすら繰り返します^^
S移動した時にハートチャクラが開いている場合は胸中心奥に「愛の熱源の動き」を感知します^^開いていなくても気にされる必要はありません。S定着すれば平穏の中で、愛を感知し始め、その内に夜眠れないと思うくらい熱くなります^^

自己否定の感情が強く、周囲の目が気になり、感情の波に飲まれている時間が多いです。後でふと我に返り感情に飲まれていたことに気付きますが、同じような場面になるとまた飲まれてしまうことの繰り返しで…ループから抜け出したいのですが手強いですね。

おっしゃるとおりです。ひたすら難しいです^^
特にお仕事中は忘れるのを防ぐことはほとんど不可能だと思います。ですから、こちらもひたすら思い出し続ける、意識のピントを調整し続ける持久戦になります^^
忘れてからS移動するまでの「間隔」が1分を切るようになったら定着は近いです^^

skさんの自我は「言葉」を使いますが、対抗するこちらは言葉を使わずに「意識」の調整だけで対抗していきます。この調整ができさえすれば、苦しい仕事中に苦しさがやわらぐような経験が始まります。その苦しさが仕事よりも「思考」によって引き起こされていることにも気づき始めます^^

>ハートと関係ないかもしれませんが、昔から首から胸にかけて違和感というか何かザワザワした感覚があり、丸首シャツや散髪のときに首に巻かれる布が苦しくてたまりません^^;

感情の感知は喉から胸にかけて発生しますので、何らかの感情エネルギーだと思います。ザワザワした感覚とおっしゃるなら、その感覚がいつ頃から発生したか、その頃感情が特別に動くような出来事があったかどうか思い出してみてください。
特に思い当たる出来事がなかった場合は、Human Energy Fieldの第4・第5チャクラ(胸のチャクラによる愛の感知と喉のチャクラによる言葉の感知)に影響が出ている可能性がありますので、「昔、人から投げかけられた何らかの言葉」を今までずっと気にされている可能性もあると思います。

以前お話されていた不快感の感覚に浸り、メッセージを聞いてみるのはどうでしたか?
不快感の中でじっとしているのはお仕事中は中々難しいですよね^^
【2013/04/07 21:32】
無題
有難うございます。
ここ数日、ハートが開いていないからSの感覚もちゃんと掴めないのではないか、まず閉じたハートをなんとかしなければ…という思い込みにはまっていました。
Sの感覚って難しく考えず、PCを見ている自分を客観的に見ている位置に居れればいいんですね。仕事中はすぐ忘れてしまいそうですが、粘り強くSに戻ることを心掛けてみます。ただ、どうしても言葉を使ってしまっています。例えば、「今、PCを見ている…そのことに気付いている…」「Sの位置は目の後ろあたり…」とかやりながら言葉で考えていますが、これでいいのでしょうか。。
喉から胸にかけての違和感は、物心ついたときからあったので(子供の頃、丸首シャツを何着ダメにしたか…^^;)、思い出せる範囲できっかけとなる出来事はないです。赤ん坊の頃の出来事かもしれません。
不快感のメッセージを聞くのは、まだうまくできてないです。。仕事中に不快に感じている最中は、それと一体化していて感情に巻き込まれている意識も殆どないので、後から感情を思い出してメッセージを聞きこうとするのですが、いつから感じ始めた感情かなど、頭でつい分析してしまいます。頭でやってると、いつの間にか違うことに考えが行ってしまうんですよね…;;
sk 2013/04/08(Mon)08:17:17 編集
Re:無題
skさん、こんばんは^^

>有難うございます。

とんでもないです。

>ここ数日、ハートが開いていないからSの感覚もちゃんと掴めないのではないか、まず閉じたハートをなんとかしなければ…という思い込みにはまっていました。
>Sの感覚って難しく考えず、PCを見ている自分を客観的に見ている位置に居れればいいんですね。仕事中はすぐ忘れてしまいそうですが、粘り強くSに戻ることを心掛けてみます。

はい。客観的に見ている位置という言い方もできますし、もっと正確に言うと、
「肉体の内側のデータと外側のデータに同時に気づいている状態」です。

skさんがその時客観的でいようと努めているなら、客観的でいようと努めている自分にも、気づいている。なぜかというと、客観的でいようというのは「思考」であり、主に「頭蓋骨内」で動きに気づくからです。何か思考してても「言葉」の流れに気づいています。感情も同様です。胸などの奥で肉体感覚として感情の動きに気づいています。

ただ、どうしても言葉を使ってしまっています。例えば、「今、PCを見ている…そのことに気付いている…」「Sの位置は目の後ろあたり…」とかやりながら言葉で考えていますが、これでいいのでしょうか。。

ここは誤解しやすい点なので、ご注意くださいね。
言葉は使っていいですが、Sは言葉ではなく「言葉の背景」です。言葉が流れているのを背景から気づいているんです。本を黙読している時に黙読している言葉が頭の中で鳴り響きますよね?その声を客観的に聞いている「状態」なんです。この背景は言葉を使いません。
言葉を使っていいですが、流れている言葉に気づき続けてください^^
言葉の内容の詳細をとらえようとせずに、「あ、なんか言葉が鳴ってる」ぐらいのアバウトさで「言葉の動き、思考の動き」を感じ取っている位置に立ち続けてください^^
それがSです。
肉体の内と外に同時に気づいている状態であり、自分の頭の中の言葉なのに、客観的に第3者の会話を聞いているような立ち位置です。

>喉から胸にかけての違和感は、物心ついたときからあったので(子供の頃、丸首シャツを何着ダメにしたか…^^;)、思い出せる範囲できっかけとなる出来事はないです。赤ん坊の頃の出来事かもしれません。

そういう違和感は皆さんそれぞれありますから、あまり気になさる必要はないかも知れませんね^^

>不快感のメッセージを聞くのは、まだうまくできてないです。。仕事中に不快に感じている最中は、それと一体化していて感情に巻き込まれている意識も殆どないので、後から感情を思い出してメッセージを聞きこうとするのですが、いつから感じ始めた感情かなど、頭でつい分析してしまいます。頭でやってると、いつの間にか違うことに考えが行ってしまうんですよね…;;

あ、これは誤解がありそうです。不快感のメッセージを聞けるのは「その瞬間」だけなんです。後から思い出す必要はありません。「0秒」にしか再生できないメッセージなので、もしその不快感が過ぎ去った場合は忘れてください^^
あくまで「今の不快感」の中に「お風呂のように浸かる」んです。

おっしゃるとおり無意識状態では不快感すら「無意識に」やり過ごしてしまいますので、まずは「S」を習慣にして「意識的に」なった方がいいかも知れません^^
【2013/04/08 22:30】
07 2017/08 09
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]