バーソロミューは上体を起こすと、しばらく黙っていた。
「なかには抵抗を感じる人もいるでしょうが、今日、ひとつ実験をしてみたいと思います。まず、自分の体について自分がいまどう感じているか、調べてみてください」
みんなは目を閉じて、指示にしたがった。


「自分の体について自分がどう思っているか感じ取れたら、自分に向かって次のように言ってください。


『わたしはこのすばらしい体を心から愛し受け入れます』


自分の気持ちとはまったくかけ離れた言葉かもしれませんが、とにかく言ってください。それからしばらくじっとして、自分が受け入れられたという感覚を味わいましょう。頭で考えるだけではダメです。とにかくやってみてください」
みんな一言もしゃべらずに、自分のすばらしい体を感じ、それを心から愛し受け入れようと試みた。するとクスクス笑いが漏れてきた。
「まず最初に何が起こりましたか」とバーソロミューが尋ねた。
「リラックスしました」、「生き生きした感じ」、「あったかい気持ち」、「うれしさ。あふれるうれしさ」などという答えが聞かれた。
「ありがとう。ではこれから今日一日、自分に向けてこのメッセージをくり返し送りつづけてください。心をこめて言いましょう。言ったあと、体がメッセージを受け取るまで、しばらく待ってあげてください。これを今日数百回くり返してください。みなさん、数百回ですよ」。
彼はそうくり返して強調した。


「わたしはこのすばらしい体を心から愛し受け入れます。あなたの体は生まれてから一度もこんなメッセージを聞いたことがないかもしれませんね。あなたが自分の体にしてきたのと同じ調子で、友人に批判的な言葉を浴びせつづけてごらんなさい。友人はとっくの昔にあなたのもとを去っていたでしょう。あなたは自分の体を侮蔑する言葉をたえず心の中でくり返してきました。これを何年もつづけてきたでしょう。わかっていますか」とバーソロミューは厳しい顔をして訊いた。


「この中に肉体や精神上の問題を抱えている人がいたら、このエクササイズはその人の問題を理解し癒すのにぴったりのエクササイズです。つきつめれば、病気の存在は、ひとつには神意識の荘厳さやすばらしさに対する抵抗なのです。あなたの頭は『僕の体はすばらしくなんかないぞ』と言います。頭の言うことなんか気にしないでください。あなたの体の細胞にメッセージを聞かせてください。からからに乾ききった砂漠の地面が雨を待ち望むように、細胞は感謝や受容の言葉を待ち望んでいます。体の細胞の協力なしに癒しは困難です。ですから体の細胞に新しいメッセージを送りつづけて、どうなるか見てみましょう。午前中、午後、夕方と、何か変化があるか気をつけて観察しましょう。細かい変化に気をつけてください。
その結果、さまざまな感情が湧き出てくるでしょうが、びっくりして逃げ出したりしないでください。反対に、そうした感情が生まれては消えていくのを観察しましょう。退屈に思ったり、不快だったり、抵抗したり、恥ずかしい気がしたりするかもしれません。ただそれを感じてください。それについて考えないこと。逃げ出したり、変えようとしたり、避けたりしないで、それを受け止めてください。その瞬間に意識を集中して、じっくり観察していれば、自然に真理が顔を出してきます。ですから根気よくやってください。またお会いしましょう」


「勾玉 奴婢」の画像検索結果
勾玉(まがたま)と奴婢(ぬひ)を双手(そうしゅ)に掲げ
心中(しんちゅう)の皇(すめらぎ)を追え


愛単色。
急ぎなさい。


「意味不明語彙」
エピ
酸化プルトニウム
トリン(ヒ素化合物)
ショウジョウバエとヒト遺伝子の相同性から何がわかるか?
赤芍(セキシャク。漢方薬)


nobody
現状について聞いてなぜ勾玉と奴婢なのかわからない。エピは化学物質の命名法で使用される接頭辞らしい。酸化プルトニウムとトリンは記録するか迷ったが、ここからは解釈なしで全て記録する。赤芍が人体に取り込まれた放射性物質に効くとでもいうつもりなのか。ショウジョウバエクイズは完全に謎。以前も化学系のことを所々に発言していたが説明が面倒なため全て除外していた。あまりマイナス連想のある語彙は記録したくないが、いつまでも気にしていられない。
フィオラとの通信は深度が何段階かあり、深度が深い時はなぜか古語が多い。そうなると読み解くことすら一気に難しくなる。双方向会話にするためには深度を浅くして大意を組むことになる。以前は手数で修正できると思っていたが、そうともいえない。洋楽の歌詞の訳に似ている。サビの訳を間違えると大切なニュアンスは伝わらなくなる。訓練するしかなさそうだ。
Mai Tai.jpg
以前に言われたマイ・タイ(最高)はトロピカル・カクテルの女王と呼ばれてるらしい。フィオラは本当に時々ふざけている。そういうところに親近感はあるが、あの世ジョークに振り回されるとたまらない。どこからどこまでが冗談なのかまったくわからない。



今日をありがとうございました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
nobodyさま

現在S定着の練習をしています。

2012年の12月からここまで拝見させて頂きました。

本当は全部ブログを読んでからコメントしようと思ったのですが、なにか流れがおかしくなったので(笑)
ここでコメントさせて頂きます。

nobodyさまにS定着のアドバイスを受けることは可能なのでしょうか?

S定着はとても大切だと感じ一人で練習しておりますが、やはり定着された先人の方のアドバイスを伺えたら幸いだと思いコメントさせて頂きました。



SP 2015/04/01(Wed)17:04:15 編集
Re:無題
SPさん、初めまして。コメントありがとうございます。
わたしでよろしければ、もちろん何でもおっしゃってください。


>nobodyさま
>現在S定着の練習をしています。
>2012年の12月からここまで拝見させて頂きました。


ありがとうございます。S定着、なつかしいです。
つい先日、S定着されたばかりの方とコメントのやりとりをいたしました。
2014年6月23日と2015年3月18日のやまさんのコメントを参考までにお目通しいただけると幸いです。


このSのことを今はスプラナと呼んでおります。


>本当は全部ブログを読んでからコメントしようと思ったのですが、なにか流れがおかしくなったので(笑)
>ここでコメントさせて頂きます。


飽きっぽい性格で、Sから興味の焦点がずれたことが多々ありました^^;
自分でも何を書いたか覚えていないほどです。光栄ですが、だらだら書かれたこの日記を全部読むなど、とてもとてもお勧めできませんので、ご質問だけいただければ、できるかぎり無駄がないようにお返事させていただきます。


>nobodyさまにS定着のアドバイスを受けることは可能なのでしょうか?


もちろんです。ご丁寧にコメントくださって大変恐縮なのですが、次回からはできれば普通に「さん」呼称でお呼びいただければと思います。


>S定着はとても大切だと感じ一人で練習しておりますが、やはり定着された先人の方のアドバイスを伺えたら幸いだと思いコメントさせて頂きました。


ありがとうございます。こうして時々興味を持ってくださった方にコメントしていただけることが励みになっています。
この時点で明確にしておきたいのは、
実際今この瞬間、SPさんのS定着は既に実現済みなんです。
ところがそれを打ち消す、キャンセルするマインドの働きが習慣化されています。
これが「私を、現してしまう習慣」です。
S定着はこの妨害を「やめる」ことで実現します。


まずは先にご紹介したコメントをお読みいただき、SPさんの疑問点を伺うということでよろしいでしょうか?またお待ちしておりますので。ありがとうございました。
【2015/04/01 22:19】
無題
Nobodyさん

ご回答ありがとうございます。
ひとりで練習しているのでとても勇気づけられます。
Sに関する記事、大変興味深く読ませていたたきました。
1か月で定着はものすごいですね。
自分は才能がないので2年くらいで定着できればと思っています。

山のように質問があるのですがよろしいでしょうか?

私はアジズの本でしか学んでいないのですが、Sの感覚が今だ明確でありません。
「これかなぁ」という感覚はあるのですが分かるときと分からない時があり、とても微細です。
特に目をつぶって瞑想している時の方が困難です。
あえて言うなら子供のころから変わらず在る「私」という感覚です。
そこでご質問なのですが、この感覚は練習を続けていけばよりエネルギー的に強く明確になっていくものでしょうか?

現地点でSがよく認識できないので、その前段階の自己想起の練習として頭蓋骨の中に意識を向ける練習を一日しています。
頻度はよく数えていないのでだいたいですが、1日100回くらいでしょうか?

頭蓋骨を感じながら、周りの音を聞き「誰が聞いてる?」と聞く練習です。
それも難しいときはただ頭蓋骨の中に意識を向けるだけです。

頭蓋骨に意識すればSに間接的にでも触れているのかも、と思いやっておりますが、果たしてこんな練習で意味があるのか不安です。

またS接触が連続的でなく断続的であっても、もっと接触頻度を増やせば定着までいけるものでしょうか?

沢山質問してしまいすいません。

Nobodyさんの経験からご意見を伺えれば幸いです。




sp 2015/04/02(Thu)20:34:49 編集
Re:無題
spさん、こんばんは。早速のお返事ありがとうございます。
spさんとのやりとりは一覧にしたかったのでいただいたコメントの流れが見えるように変えました。パソコンで見ると最新コメントが25個並びます。そして、これを機にS定着の記事だけを改めてまとめて書いていきますので、もしよろしければ次回からは最新記事の方にコメントいただければと思います。どうぞご遠慮なく山ほどご質問ください。spさんにご質問いただいた方が、S定着というテーマをこの大事な時期にみなさんと共有できるので逆にありがたいです。


>Nobodyさん
>
>ご回答ありがとうございます。
>ひとりで練習しているのでとても勇気づけられます。
>Sに関する記事、大変興味深く読ませていたたきました。
>1か月で定着はものすごいですね。
>自分は才能がないので2年くらいで定着できればと思っています。


2年たった今でもこうしてお読みいただける機会があったことがとても嬉しいです。
定着の時間は「未来」に想定されていますね。これが定着という言葉を使う最大の弊害になりうるのではないかと以前から感じていました。この未来に達成される定着という概念をいったん捨てていただいて、


もうSは定着している。


これを基本に据えていただければと思います。
やろうとしていることはSを「打ち消し」ている想念の同一視、思考の同一視を「やめる」ことにあります。


「打ち消し」を「やめる」
「私」を「やめる」


これがS定着の取り組みであることをマインドに徐々に言い聞かせるようにしていただけると嬉しいです。


>山のように質問があるのですがよろしいでしょうか?


ぜひ。ご遠慮なくお願いします。


>私はアジズの本でしか学んでいないのですが、Sの感覚が今だ明確でありません。
>「これかなぁ」という感覚はあるのですが分かるときと分からない時があり、とても微細です。
>特に目をつぶって瞑想している時の方が困難です。
>あえて言うなら子供のころから変わらず在る「私」という感覚です。
>そこでご質問なのですが、この感覚は練習を続けていけばよりエネルギー的に強く明確になっていくものでしょうか?


とても大切なご質問で、お伝えするためにはまとめ方が大事になってきますので、本文の記事の方でお答えしていきたいと思いますがよろしいでしょうか?


spさんのこのご質問への回答は今夜の記事から書いていきます。ご質問されていないことも書いていきますので、それらの記事を読みながら疑問点はツッコミを入れていただけたら嬉しいです。


>現地点でSがよく認識できないので、その前段階の自己想起の練習として頭蓋骨の中に意識を向ける練習を一日しています。
>頻度はよく数えていないのでだいたいですが、1日100回くらいでしょうか?


了解しました。これも記事で書かせていただきますね。


>頭蓋骨を感じながら、周りの音を聞き「誰が聞いてる?」と聞く練習です。
>それも難しいときはただ頭蓋骨の中に意識を向けるだけです。
>頭蓋骨に意識すればSに間接的にでも触れているのかも、と思いやっておりますが、果たしてこんな練習で意味があるのか不安です。
>またS接触が連続的でなく断続的であっても、もっと接触頻度を増やせば定着までいけるものでしょうか?
>
>沢山質問してしまいすいません。
>
>Nobodyさんの経験からご意見を伺えれば幸いです。


とんでもないです。ご不安なお気持ちも、わたしがそうでしたのでよくわかります。
頭蓋骨に注意を向けるという記事を2年前に書いたのがわたしですので、その欠点も今では熟知しています。


間違いが少ない方法でご説明し、spさんがご自身に潜在するスプラナに気づいていけるよう書いていきますのでご安心ください。


記事の方で書きますね。次のツッコミをお待ちしております^^
ありがとうございました。
【2015/04/02 23:31】
09 2019/10 11
S M T W T F S
16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody