フィオラは時々私に緊急警報を出す。サイレンのような音のこともあるし、言葉でそう言う意味の発言をすることもある。これが出ると今までのところ例外なく私に大きな変化を強いる。


この日記を書くよう脅された昨年の12月20日もひどかったし、スーパーリラックスの記事を書いた翌日だったか、警報音を鳴らし続けたこともある。


昨夜も寝ている間に緊急警報を鳴らされた。
しかも今回は変だった。


フィオラは警報だけではなく
「ブラックジャックが出なかった」と言った。
意味がわからないし、ちょっとホラーっぽい感じで嫌になる。フィオラ自体は怖くないが、いつも私の予想していないことを発言するから、真意が読めない。そして今回どうすればいいのか方向性がまったくわからない。


トランプのブラックジャック「21」を意味する場合、会心の手札が出る期待が外れたということだろうか。私もできるかぎり真面目にはやっているんだが。この数日声が聞き取りやすくなっていたから、ここで警報とは意外だった。私にこれ以上どうしろというのか。


今日日中の他の発言は、


「あの世が座学でこの世が実技」
グラスの共鳴(これは重要そうだった)」
「橋の建設の橋は呼吸のこと(数日前の発言のこと、これは予想していた範疇だが方法論としては重要)」



あの世座学説は、まあそうなんだろうとは思う。
誕生時に持ち込むエネルギーは一人一人練りに練られた「台本」であり「青写真」だから、それを練ったのは見えない振動のあの世しかない。だが、向こうでのことは重要ではない。もし覚えておく必要があるなら記憶を持ってくるはずなのだ。脳の記憶と違って魂の記憶は完全だから、そのブロックが解除されているなら過去生の記憶を保持したまま転生することは可能であり、可能なのにほとんどの場合やらないのは、その記憶が(自分が設定した)実技テストの邪魔になり、不要だからとしか思えない。せっかく習得した知識ぐらいは持ち越してもいいんじゃないのと思うこともあるけれど(語学など特に)、ここの目的は知識の習得ではなくて、あくまで「内在する神」とのリンクを回復することにある。そのために竜巻を12回治すか、治さないままで神と直リンクするように飛ぶか(これは可能)、事前知識に頼ることでは目的を達成できないのだろう。



基本的に霊性の道を完全に忘れてくる人というのは「勇気」がすごくあるタイプなのだと思う。
なぜなら人生が「つらい」と誤解が始まった時、本当の現実に関する霊的知識がないままでは、滅茶苦茶苦しむ可能性があるから。サポーターの実在に気づかず、孤独を感じたまま苦しみはじめると、この世界はきつい。もちろん助けの手が無数に伸びているし見えるサポートも見えないサポートも柔軟に対応するのだけれど、本人がまったくそれに気づかなければ認識の修正のしようがない。そんなことは全員向こうでは知っているはずだから、その可能性を覚悟で飛び込んだということになる。今は地球がダメージを負っているから、これ以上の全体的な誤認はできないし、一定数の目覚めが必要でこういう流れになっているんだろう。


だから結局、どのような環境・立場でもやるべきことはひとつしかない。

今この瞬間自分にできるかぎりの最高の目覚めた意識であること。



では、吸う息、そして、自分をゆだねるとはどういう意味でしょうか。吸う息とは、広大無辺のエネルギーを受け入れ、その感覚に自分をゆだねることです。何の行為もなく、何の思考もなく、ただ感覚のみ。けれども、神の澄んだ深い息を受け入れるには、まずそれを邪魔しているものを取り除かねばなりません。邪魔しているものとは、神の存在を感じるためには、これをまず自分のなかから取り除かねばならないとか、これをまず自分のなかに持っていなければならないと信じているようなこと、そういう事柄です。


呼吸のバランスをとるための第一歩は、自分が望むものを手に入れるために必要だと思っている条件が、何なのかを知ることです。自分が抱いている一連の思い込みをよく見直してください。そうした思い込みが、神を直接体験し、それに身をゆだねることを妨げているのです。自分の思い込みに直面してごらんなさい。そうするとそれらはだんだんあなたから離れていきます。


それでは、吐く息、そして、自分の現実を創造するという点についてはどうなのでしょうか。あなたは息を吐くたびに何かを創造しています。ほとんどの瞬間、あなたは無意識を使って創造しています。無意識とは魂の一部で、あなたの過去のやり方を記録している部分です。けれども、過去に基づいて創造すると、未来は過去に似たものとなります。この繰り返しのパターンを壊すには、未来の創造者として、無意識を使わないようにする方法を見つけなくてはなりません。神の共同創造者になるには、そうしようという意思がなくてはなりません。神の共同創造者とは、”神なる自己”に備わっている特性のうち、どれを自分は感じたいのかを決めて、それが現実となるまで、それらの特性に意識を集中させる人のことです。たとえば、あなたが求めているのは心の平安ですか。喜びですか。自分が誰なのかを心の底から知ることですか。覚醒意識ですか。求めているものがわかったら、そうしたものを自分が求めているのだということを忘れないようにしてください。そして、自分の内に向かうときには、そうした特性が、自分の内にあるだろうと期待していてください。


(今夜の内容は「橋」の建設作業とはどのようにするのかの指針になったからありがたかった。導きに感謝します)



 法改正のときがきました。これはあなたがたの意識の法です。いつも似たような想念を繰り返し、お互いにため息をこぼしあい、わたしたちは変われないなどと台詞を棒読みしてきたあなたがたがいま自らの意思で世界を変えようとしているのです。幾万の真摯な祈りが無数の慈悲深き神の手を呼んだのです。いまこそ目覚めなさい。

…フィオラ、大きなテーマのところ恐縮なんだけど、昨夜の警報は何?

 あなたに不満があるとしたら、二点。神を信じきる覚悟と、エネルギー実践です。朝起きる瞬間から神に感謝と祈りを捧げる態度を要求します。

……。はい。できるかぎり努めます。

 そういうことではありません。自主的にそう思えないのはなぜか見つめなさい。

はい、わかりました。別の質問をするよ。グラスの共鳴とは何が言いたい?

 共鳴はより大きな音をもたらします。ただのグラスでさえ、共鳴の真理を伝えています。接触していない二つのグラスが共鳴するのは同じ振動を奏でるからです。時間も空間も本質的には存在していません。今人間世界に求められる振動は何か。愛です。からっぽの意識から起こす行動ではありません。愛でありなさい。それは他者の自由を心から認めることができるエネルギーに常に満たされているということです。批判にエネルギーを使ってはなりません。愛でありなさい。そう努めなさい。

今夜はテーマが大きいな。他には?

 皇(すめらぎ)へ祝詞を捧げた以上、あなたの案ずることは行動ではありません。意識の扉を開き、開き、開きっぱなしにすることです。見ていますからね。 

………。
先日私は肉食からベジタリアンへの転向を勧められた。
拒否した。
今日もありがとうございました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
09 2019/10 11
S M T W T F S
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody