あなたを含め、すべての兄弟姉妹は今この瞬間、永久(とわ)に愛し、永久に喜び、永久に自由を「感じて」います。今、感じているのです。それが人としての「あなた」の今感じているものとあまりに違うため、嘘をつかれているように思えるでしょう。これが真実であるとわかる方向にあなたは運ばれているのです。神とは不可避の運命です。未来に遭遇するのではなく、今この瞬間に重なり合う運命なのです。


(↑今夜↓日中のフィオラ)
 今誰にとっても必要なものの全ては全体の中にあります。全体とはどこでしょうか。どこであなたはそれとつながっているのでしょうか。通じますか。あなたの目は全体に開いた窓なのです。


 気遣いは、「自分」に与えなさい。なぜか。あなたは外なる光の動きを察知するまでの目覚めた意識をまだ思い出してはいないからです。今のあなたが正確に読めるのは自分の中の信号なのです。


 つながっていないと感じたり距離が離れていると感じたり、その離れた「感じ」を「感じつくす」時つながっていませんか。あなたの瞬間は「部分」の体験でしょうか。感じつくす時それは同時に全体の体験ではないでしょうか。あなたとは誰でしょうか。どうしてあなたという観念を維持できているのかこそ不思議ではありませんか。「いつ」維持できていますか。


 安定を「かたち」に求めること自体矛盾していませんか。かたちは安定することはなく変化し続けています。すべてのかたちが一時的です。安定はもうあります。自由とともに。


 神よ、人生の意味はどこにあるのか。人生そのものがメッセージそのものであると気づいていないあなたは今コメディを演じているのです。これは人生の意味を兄弟姉妹に特定の解釈として教えようとしている者も同じです。教えようとしている者と教わろうとしている者のコメディです。皮肉ではありません。コメディです。この光のコメディがどれほど輝かしいか実感し、あなたは愛と歓喜に包まれます。


 根本的に勘違いをしています。人生とは一瞬たりとも謎を解き明かすための旅ではありませんでしたし、ありません。今現れているものこそあなたがあなたに課した目的であり、ゴールであり、体験したいものなのです。なぜ陰までも含まれる人生を体験したいと自分が望んでいるのか理解できないでしょう。理解する必要はありません。ただ向き合うのです。ただ体験してください。いかなる目的でこれらが生まれているのかあなたが完全に納得できるまでです。


 自分の中にある失礼な態度への批判を直接見せるために失礼な態度の兄弟姉妹がいくらでも押し寄せてくれるのです。失礼な態度を引き金にして、あなたの中の「批判を見せる」ことに協力してくれているのです。


 あなたがあなただと感じるもの以外の「すべて」の呼び名を、深淵と言います。他人の言動は独立しており、それは脳機能から起こる、本当でしょうか。あなたと、深淵です。誰がどこまで操られているのか、あなたにわかりますか。


 明るい未来の足音と、暗い過去の足跡、どちらも幻影です。今、大地を踏みしめるあなたの足を感じてください。


 孤立し、独立しているとはまさに、思い込みです。



フィオラが人生そのものがメッセージそのもので、今この一瞬こそ、答えだと繰り返しているのが印象に残った。それほど配置が完全で、完璧であることを、疑ってもよい、疑わなくてもよい、なんでもよいから現れたものを完全に感じつくし体験しつくすことが全体の目的なのだとただ繰り返している。


今日もありがとうございました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
HN:
Fiora & nobody