忍者ブログ
5歳の時、「死」の概念を両親から教えられて3日3晩悩みました。
死んだら無になる。なんにも無くなる。わたしが死ぬ。その概念の強烈な違和感に戸惑いました。
子供だったので昼間は遊んでましたが、あまり私が悩んでいるので、当時の親友が
「でもさ~いまかんがえたってさ~♪ずいぶんさきのはなしだし~♪」
と暢気に言うのを聞いて
「なにいってるんだ!?ぼくたちしぬんだぞ!」と
それでも彼の言うとおり、私は結論を先延ばしにして遊びに行きました。


8歳から見てきた『それ』が一体何なのか、私は法悦状態の中(至高体験中)で深く探ろうと試みました。
小学4年生の夏休みの決意はこの夏休みが終わるまでにいつでも『それ』に戻れるようになろう!でした。『それ』の発生条件を探ろうとしたのです。試みは失敗しました。でもこれが後に大きな意味をもっていたことに気づきます。


12歳くらいに「無」と「有」を「超越」する『絶対的実在』があることは体験中に、さらに潜って理解しました。
私の必死な興味は『無限の歓喜』が何かに依存する単なる「状態」なのか、永遠のものなのかをどうしても知りたかったのです。


答えは永遠でした。それは誰に知られずとも、地球人全員の中に今息づいているのです。この侵食範囲は無限のため、逃れることはできません。置いてきぼりにされる人は最初からいません。道端の石ころのような無機物に見えるモノも。赤ん坊も、ホームレスも、最も悲しい目にあった人たちも、全員を救っています。死者も全員です。


そうか。死は、ないのか。
これが神と呼ばれる意味なのか。


本当に安心しました。


体験について話せば、両親は息子の頭がおかしくなったと悲しみます。
私はそれについて何も話さなくなっていました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
No Title
はじめまして。二つ質問をさせてください。

>私は体験中に直接知ったことを書くにあたり、推測からの確信という曖昧さではこの文面を発信しておりません。間違いない真実として断定しております。個人的真実ですらなく、誰にも逃れることのできない、全体の真実としてです。

そう断言できる根拠は何でしょうか。この体験も一つの「魚眼レンズ」を通して見た世界に過ぎない、とは言えないのでしょうか。


>悲惨な事件の被害者も全員救われたのか(この世界の尺度での犯罪加害者もです)。

>本当に安心しました。最高裁判所は有罪を宣告しても、マスコミは悲惨だ取り返しがつかないと騒いでも、人間は誰一人、人を死から救えないのに、『それ』は心の痛みまで、すべてを救っているんだ。

世界はそのままで救われているのだ、とおっしゃっているのだと思いますが、だとするならば、世界の悲惨たとえばアウシュビッツや広島・長崎の原爆投下など、また日々起こる悲惨な事件・出来事も、そのままでいい、防ぐ必要はないということなのでしょうか。

viola 2013/01/21(Mon)15:59:55 編集
初めまして
viola様 初めまして。ご質問に感謝いたします。ありがとうございます。
一つ目の質問からできる限り言葉でお答えさせていただきます。
>(全体の真実と)そう断言できる根拠は何でしょうか。この体験も一つの「魚眼レンズ」を通して見た世界に過ぎない、とは言えないのでしょうか。

(魚眼レンズを通したような不確実性を帯びていると)私には言うことができません。断言できる根拠は言葉の描写が追いつかない場所ですので(言葉や概念や思考が発生する裏側、発生源ですので)、viola様が直接体験されるまでは本当の意味での伝達にならないことを前置きさせていただいた上で、言葉を使わせていただきます。

私もviola様と同じような疑問を持っていたのです。8歳から12歳までの間に「どこまでが白昼夢でないと言えるのか?本当の真実だと言えるのか?」
そこで私は法悦状態の中、無限との一体感を感じている最中に、世界の全て(宇宙も何もかもありとあらゆる全て)を「消滅」させました。
全てです。そして、その完全な無であるはずの中に「透明な光」がありました。概念も形状も魚眼レンズもありとあらゆるもののないところに「無限の実在」がありました。それはあらゆるものの「超越」であり、「侵食」でした。それだけは不確実な分離視点と違い「ひとつ」「唯一不二」だったのです。
私はそれを見たのではありません。私がそれだったのです。viola様がそれでした。全員が不死であることを断言できるか?はい、できます。言葉での描写は虚しく響くだけですが、その透明な光は今viola様の見ている光、聞いている音として「いまここ」のカタチをとっています。viola様がこれを真実であるか検証するためには「いまここ」と完全にぴったりと重なり全ては一つか、自我(ご自分だと信じている自己像)の中身が何の実体もない(存在しない)ことを直接体験されなければ検証になりません。

二つ目の質問にお答えさせていただきます。
>世界はそのままで救われているのだ、とおっしゃっているのだと思いますが、だとするならば、世界の悲惨たとえばアウシュビッツや広島・長崎の原爆投下など、また日々起こる悲惨な事件・出来事も、そのままでいい、防ぐ必要はないということなのでしょうか。

(一言で申し上げて)防げないのです。

viola様と私が今警察官だったとして、日夜コントロールの及ぶ限り、全力で犯罪を防ごうとすることはできます。ですが、これらの事件を起こしている人々とその動機、タイミング、偶然に見えるあらゆる因子、これらが全て「透明な光」なのです。全てです。そして、これらの悲劇を画策したのは「透明な光」の中でも「私たち人間の分離を信じる集合(蓄積)エネルギー」です。これは地球全体規模でも、個人の日常のつらい出来事でも同じです。苦痛は本来必要なものではありませんでした。それは宇宙から意図されたものではなく、この地上の人間たちの「分離の誤解の積み重ね」から起きています。他人がいるように見えた。私とは関係ないように見えた。痛みは分離しているように見えた。上下関係があるように見えた。裁きは正当だと思った。この不当な扱いを絶対にゆるさない。人間が一般的に言う「愛」以外のその全ての錯覚が凶悪犯罪や戦争、虐殺として日夜実体化しています。より正確に言うと実体に見えるような映像として透明な光に投影されています。
これを防ぐためにはこの人類全体の分離の集合エネルギーの振動を昇華させなければ叶いません。それは、一人二人の自我がコントロールできることではないのです。私たちが人間のフリをしながらこの振動を高め、犯罪を防ぐためには、まず自分の中から分離感の錯覚を取り除かねばなりません。一人になされたことは、全員になされたこと、これは事実です。これが全体の集合エネルギーの昇華に影響します。今、一人の人間が錯覚を打ち破ると地球の裏側の犯罪発生が1万件抑止される、こういう関係とイメージください。

これは非常に厄介な問題をはらんでいます。悪人がいる、だから日夜戦うのだと信じて警察官が動くと、意図とは逆に犯罪者と悪事を生む(分離の錯覚の)エネルギーになります。最高裁判所が「裁き」を下そう、重犯罪者に「死刑」を科そうと思えば思うほど殺人事件発生のエネルギーになります。あらゆる攻撃は「死を怖れている」ことの防衛反応です。一人一人がこの怖れの中心に踏み込み、潜り込み、そこに愛しか存在しないことを発見することだけが全体の犯罪抑止につながります。

viola様、もし少しでもお答えになっていなければ、おっしゃってください。
viola様にいただいた質問の重要性は、このブログで正直に書くと決めた時からその発信の責任を負う必要があることを覚悟しておりました。
【2013/01/21 21:01】
No Title
丁寧な返信に感謝します。

誰でも日常生活を送る中で、苦痛や歓喜など、いろいろな感覚が現れては消えていきます。時には、一時的に自分が存在しない感覚、自他未分の至福の感覚など、強烈な感覚を味わうこともあります。

それで、いわゆる「法悦体験」も現れては消えてゆく感覚の一つに過ぎず、それを唯一無二、絶対的な体験だと解釈するのも、これまた一つの視点からの意味づけではないかと思ったのです。この「法悦体験」を体験したものでなければ真実はわからないということであれば、言葉は返せませんが・・・。

でも。。。

>一人一人がこの怖れの中心に踏み込み、潜り込み、そこに愛しか存在しないことを発見することだけが全体の犯罪抑止につながります。

「法悦体験」が導く認識、結論として、加害者も被害者もともに救われている、世界はそのままで救われているとするならば、戦争や犯罪が否定される理由はないのですから、「愛しか存在しないことを発見すること」の意味はどこにあるのでしょうか。

viola 2013/01/22(Tue)10:38:07 編集
violaさん^^
violaさん ご返信いただきありがとうございます^^
まず最初に、こういうことにお詳しい方ですね?^^
私はてっきり、このページの特に犯罪加害者に対する救済措置ともとれる発言のことで何か激怒されているのかと思っておりました^^;
それならばもっと気軽ににお話させてください^^violaさんと表記させてください^^

>それで、いわゆる「法悦体験」も現れては消えてゆく感覚の一つに過ぎず、それを唯一無二、絶対的な体験だと解釈するのも、これまた一つの視点からの意味づけではないかと思ったのです。

おっしゃるとおり、至高体験を含むあらゆる体験の「記憶の残像」とは一つの視点(いまここの自我)からの意味づけに過ぎません^^
その体験後その記憶はずっと無意識に改変されていきます。
いまここに改めてイメージとして「再構成」されなければ存在することすらできない意味づけとしての幻です。
「残像」(継続した実体でないもの・今リアリティーでないもの)で絶対不死とか言い切れるの?と本質的なことをおっしゃっているのだと思います。
そうですよね?^^

violaさんはもしかしてもうご存知なのかもしれませんが、
それの直知(唯一不二)は残像ではないのです。それはいまここに静止している実在です。どこにも動きません。消え去りません。
至高体験も含めてあらゆる体験の背後にあります。私たちが今呼吸をしているのもこれ(空間)があるからです。
重要な瞬間と重要でない瞬間というのは存在しません。私もそんな誤解はしてないですよ?
透明な光はいまここにあります。過去のある時点などという時間軸もありませんし、未来もありません^^

絶対的な体験などどこにもなく、「絶対的な体験者」だけがいまここに変わらず存在します。
この体験者がviolaさんであり、私であり、その間の空間と、空間に充満するものです^^

violaさんはもしかすると、今現在、分離視点(二つ以上のものが見える)なら、不死だとか永遠だとか発言をしてはいけないと思っていらっしゃるんでしょうか?^^
もしそうならそれは違うと私は思います^^私たちが至高体験後にまた魚眼レンズをかけるはめになって「二つ以上」の世界に戻った時、世界がどんなに薄暗く見えても、
真実は何も変わらず「いまここ」にあるからです。私たちの思い込みに関係なく、記憶の残像に頼るわけでもなく、真実は誰に対しても平等に浸透しています^^

この書き方で伝わるでしょうか?^^


>「法悦体験」が導く認識、結論として、加害者も被害者もともに救われている、世界はそのままで救われているとするならば、戦争や犯罪が否定される理由はないのですから、「愛しか存在しないことを発見すること」の意味はどこにあるのでしょうか。

これは単純に個々人(自我)が苦しいからですね^^この苦しみや違和感を取り除くには自分の本質である愛に目覚めることしかありません。

宇宙からの視点にまで意識を拡張すれば救われていることに気づくのみならず、実際に犯罪を抑止するための貢献にもなります^^
宇宙の方針はもともと愛なんです。では地上はどうかというと人のフリをした私たちのやり方は滅茶苦茶です^^;分離の錯覚が主導権を持ちすぎてハリウッド映画では悪を射殺する自称ヒーローばかりです。個人でも社会でも、恐怖が恐怖を呼び、その防衛のための反応が連鎖しています。自殺者が後を絶ちません。
この世界のありのままが嫌なら、望む方向に人が変えるしかないんです^^それも今までのように外側を変えることではなく、個々人が内側を変えることでです。
外側の変化にこだわれば逆方向(分離を信じてしまう)エネルギーが発生し天秤がバランスをとってしまい、堂々巡りを引き起こします。
分離の錯覚のエネルギーをこれ以上増やさないように変えていくのです。それは逆説的ですが、今ありのままのこの世界と自分を丸ごと受容することから始まります^^

お答えになってますか?^^

ちょっと関係のない話をしてもいいですか?
実は私この日記を始めて1ヶ月ぐらいになるんですが、ブログのコメント返信で来てくださった方を除くと
violaさんが初めて、本当に初めてコメントしてくださった方なんです^^正直とっても嬉しかったです^^
もし良かったら、つまらない日記なんですが、本当にお暇がある時は覗いてやってくださいm(__)m
今はやまがみてるおさんという方の思考観察という修行方法で無思考の定着を目指していて、その記録になってます^^
【2013/01/22 21:55】
No Title
とても真摯にお答えくださってありがとうございます。

>violaさんはもしかすると、今現在、分離視点(二つ以上のものが見える)なら、不死だとか永遠だとか発言をしてはいけないと思っていらっしゃるんでしょうか?^^
もしそうならそれは違うと私は思います^^私たちが至高体験後にまた魚眼レンズをかけるはめになって「二つ以上」の世界に戻った時、世界がどんなに薄暗く見えても、
真実は何も変わらず「いまここ」にあるからです。私たちの思い込みに関係なく、記憶の残像に頼るわけでもなく、真実は誰に対しても平等に浸透しています^^

確かに、「いまここ」という瞬間を生きているときには、魚眼レンズを通さず事実に沿って生きているので、葛藤の苦しみはないように思います。葛藤の苦しみが存在する状態というのは「いまここ」を生きていない、「二つ以上の世界」の世界にあるのだと思います。

神秘的な体験は強烈で魅力的ですので、ついその残像を求めてしまいます。求めて得られないとき、それは葛藤の苦しみとなるように思います。発言してはいけないということではなく、残像は単なる残像に過ぎず「いまここ」この瞬間にあるのものではないのではないか、ということを言いたかったのです。

光(真実)がいつでも誰にでも浸透しているとしても、「いまここ」を生きていない限りそれを実感することはなく葛藤の生が続き、それが世界の悲惨、混乱を招いているのだと思います。

だから、次のようにおっしゃっているのだと思います。

>これは単純に個々人(自我)が苦しいからですね^^この苦しみや違和感を取り除くには自分の本質である愛に目覚めることしかありません。

「『法悦体験』が導く認識、結論として、加害者も被害者もともに救われている、世界はそのままで救われているとするならば、戦争や犯罪が否定される理由はないのですから、『愛しか存在しないことを発見すること』の意味はどこにあるのでしょうか」と書いたのは、これは案外古くからある問題だと思ったからです。

と言いますのは、かつて悪人正機説(悪人もまた救済される)によって悪を為すことが正当化されてしまったという歴史があります。悪人もいや悪人こそが救われるのだから悪をなしても構わないのだ、と。他にも本覚思想といって、あらゆるものには本来、仏性(仏の性質)が備わっているという考えが、現実世界の絶対肯定だと解釈され、渇望とその充足に生きる生が肯定されたということもあります。犯罪者と言わないまでも、欲望への執着、憎しみ、怒りなどに基づく行為の背中を押したのですね。

>もし良かったら、つまらない日記なんですが、本当にお暇がある時は覗いてやってくださいm(__)m
今はやまがみてるおさんという方の思考観察という修行方法で無思考の定着を目指していて、その記録になってます^^

nobodyさんのブログにはやまがみさんのブログ経由で参りました。nobodyさんの「思考観察」実験にとても興味を持って、レポートを毎回楽しみに読ませていただいています。

私のコメントが初めてだというのはとても光栄です。拙いコメントに真摯に対応してくださってありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。

viola 2013/01/23(Wed)10:26:55 編集
こちらこそありがとうございました^^
violaさん ご返信ありがとうございます^^
violaさんの高い見識に教えていただくことばかりでしたm(__)m

>神秘的な体験は強烈で魅力的ですので、ついその残像を求めてしまいます。求めて得られないとき、それは葛藤の苦しみとなるように思います。発言してはいけないということではなく、残像は単なる残像に過ぎず「いまここ」この瞬間にあるのものではないのではないか、ということを言いたかったのです。

これは至高体験と呼ばれるような変性意識状態を経験した者にとっては重要なご指摘です。
私もこれまでの人生で、「あの場所に帰りたい」という郷愁の想いに駆られ子供の頃から生きてきましたので、その葛藤の苦しみがどのようなものかよくわかります。
violaさんのシンプルなご指摘は、身に受けて初めてその価値がわかります。ありがとうございますm(__)m

>光(真実)がいつでも誰にでも浸透しているとしても、「いまここ」を生きていない限りそれを実感することはなく葛藤の生が続き、それが世界の悲惨、混乱を招いているのだと思います。

これも感服いたしました。
誰もが「いまここ」を生きるようになる世界とは、どれほど光に満ちているのだろうかと私も思います^^

悪人正機説と本覚思想についての歴史は恥ずかしながら浅学な私は初めて耳にしました。これは同じ轍を踏まないように言葉の使い方に注意を払わねばならないようです。
本旨から外れ180度正反対の解釈として利用される、歴史から学ぶ私たちには小さな誤りと侮るわけにはいきませんね。

もし良かったら、またいつでもお気軽にコメントください^^
やまがみさん以外(笑)誰も見てないよね…と思っていた小さな日記にviolaさんからコメントをいただいて、本当に嬉しかったです^^ありがとうございました。
【2013/01/23 22:14】
10 2017/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]