別れのタイミングは完璧
普段の顕在意識が吹き飛ぶのは「別れ」です。
必ず訪れるのに、それを意識していません。


能書きが吹き飛ぶのは「別れ」です。


人は本質的には愛する者と別れることは決してありません。
ですが、地上に死があるように、今生の別れは存在します。


この意味がどれだけ大きいかは、実際に遭遇したときのみわかるんです。
死を忘れないでください。神を忘れないでください。


別れは、人の学びのために贈られる光です。



いま霊性の道を歩んでいるすべてのひとに


すごく応援します。なぜならわたしもまったく同じで、泣いたり、落ち込んだり、どしゃ降りの雨の日はいつも来るからです。雨が降って、晴れて、曇って、この毎日が、時間単位をなくして、この「純粋意識」が、わたしたちすべてを祝福しています。
この「光」にもっと身近になりたい!わたしたちは兄弟姉妹です。



万物の意識
になってから「動いた」ほうがいいですね。その前に求めて動くと万物から遠ざかります。



運命が読めない「消える魔球」
肉体と付属する運命と、それを超える意識、いまどちらであるかで運命は変わります。
読めない人は統合意識によってナックルボールのように軌道が変わるんです。



思考層クラウド


まず例のカルキさんのところから引用させていただきます。


引用はじめ



(題名「みんなが幸せになるホ・オポノポノ」徳間書店刊)
メソッドはヒューレン氏の先生が開発


タイトルの副題にハワイに伝わる癒しの秘法と書かれていたので、 伝統的な手法なのかな、と思っていましたが、 本をよく読むと、ヒューレン氏の先生、 ハワイ州の人間州宝となった伝統医療のスペシャリスト、 故モナ・ナラマク・シメオナさんが、 インスピレーションを得て開発した、 と書かれています。


本によると、ヒューレン氏は、殺人や強姦などの 重い罪を犯した精神障害者の収容施設で、 5年間仕事をすることになったそうです。


暴力が蔓延する収容施設で ホ・オポノポノを実践


その施設に入った当初は、 収容者の間で暴力が蔓延していて、 収容者が暴れないように大量の薬を投与し、 手錠や足枷でベッドに縛り付けるようなことが 日常的に行なわれていたとのことです。


そこで、ヒューレン氏はホ・オポノポノによる クリーニングを行なったそうです。


ヒューレン氏の先生であるモナさんも 一緒になってクリーニングされたそうです。


収容者のファイルを見ているうちに、 自分の体の内側に痛みを感じるほどになった、 と書かれています。


ヒューレン氏曰く、これはすなわち、 私(ヒューレン氏)と収容者たちとの記憶を共有したということだ、と。


その痛みは、収容者に異常な行動を 起こさせるプログラムそのものだったと。 そのプログラムを消去するために、 ヒューレン氏はクリーニングしつづけた、 と述べられています。


穏やかになる収容者、 平均7年の収容が 4~5ヶ月で一般の刑務所に


そして、何ヶ月かしたら、収容者が落ち着いて、 投薬の量が減り、施設内を手錠や足枷無で移動できるようになり、 しばらくすると、回復する収容者も出てきて、 やがて4~5ヶ月で別の施設に移すことが できるようになったそうです。


収容者が穏やかになるとともに、 テニスやジョギングなども許可されるようになった、と。


それまで、1人平均7年も収容されていたのに、 4ヶ月から5ヶ月で一般の刑務所に移せるまでになった、と。


絶対に症状が改善することはない、 と思われていた収容者も次々退院するようになり、 ヒューレン氏がその仕事を辞めるときには 施設内の暴力は完全になくなり、 最終的にその施設の収容者は 1人もいなくなったとのことです。そして、ヒューレン氏はこのように言っています。


「私はひたすらクリーニングをしつづけましたが、 誰も治したり癒したりしてはいません。


ここが大切なところです。


私の中にある記憶を手放しただけなのです。


私が自分の中の記憶を消去した結果、 収容されていた人たちが変わったのです。



引用おわり


すごく印象に残ったのが、思考層クラウドのようなものがあるとして、その建物内にいる誰かが思考層の浄化を行えるのなら、それが凶悪犯の荒んだマインドすらここまで強力に変容させる可能性があることと、それが内面への取り組みだけでなされたということです。


skさんに教えていただいたことのあるこのホ・オポノポノですがこんなに強いエピソードがあるとは知りませんでした。


以前ですね、マホロバアートから出版されていた「光の存在オリン」シリーズというのがあったんですが、彼は一人の愛が一万人のネガティブ思考を帳消しにできる、って言ってたんです。


彼はこう言ってました。


「自分にとって愛に満ちたことは、他人にとってもつねに愛に満ちたことです」


「自分の中にある記憶を手放しただけ」
それが凶悪犯のマインドすら変容させてしまった。大きく学ばせていただきました。



この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
nobodyさん、ご無沙汰しております。skです。
いま何とも不思議な感じがしています。今日の記事で、最初に別れについて書かれておりましたが、実は25日に私の母親が亡くなったばかりなんです。今週、悲しむ余裕もなくバタバタと葬儀を終え、今日ようやく少し落ち着いたので、母が遺した昔の日記を見て、子供の頃を思い出していました。子供の頃は厳しかった印象が強いのですが、本当に愛してくれてたんだなと今更ながら日記を読んでいて痛感しました。急なことだったので、まさにおっしゃるとおり能書きは吹き飛んで、気持ちの整理がつかない状態でしたが、nobodyさんがこのすごいタイミングで書いて下さったのが救いになりました。有難うございました。死後のことはよく分かりませんが、今は母が安らかな状態にあることだけが望みです。
それから、ホ・オポノポノのことで私のことに触れられていたので二重に驚いてしまいました。今日は何か気持ちが伝わったんでしょうか?^^;
sk 2014/08/31(Sun)01:21:18 編集
Re:無題
skさん、お母様のご冥福を心よりお祈りします。


>nobodyさん、ご無沙汰しております。skです。
>いま何とも不思議な感じがしています。今日の記事で、最初に別れについて書かれておりましたが、実は25日に私の母親が亡くなったばかりなんです。今週、悲しむ余裕もなくバタバタと葬儀を終え、今日ようやく少し落ち着いたので、母が遺した昔の日記を見て、子供の頃を思い出していました。子供の頃は厳しかった印象が強いのですが、本当に愛してくれてたんだなと今更ながら日記を読んでいて痛感しました。急なことだったので、まさにおっしゃるとおり能書きは吹き飛んで、気持ちの整理がつかない状態でしたが、nobodyさんがこのすごいタイミングで書いて下さったのが救いになりました。有難うございました。死後のことはよく分かりませんが、今は母が安らかな状態にあることだけが望みです。



別れの文だけはフィオラが言ったことなんです。今月11日にも死と神について書いたばかりなので、わたしは書く必要がないのではないかと思ったんですがフィオラの要請であれだけ昨日0時直後に書きました。
このコメントをいただいてからフィオラとともにお母様のご冥福を祈りました。
フィオラは何の心配もなく、安寧は保証されると申しております。


念のために、skさんに何かお伝えすべきことはあるかお母様に直接呼びかけてお聞きしましたが、
「親子の絆が今もある」「酉年・亥年」「左手の小指の付け根」「肺」
そして
「人生で、胸に抱いた温かみがあなたの彩りになることを覚えていてください」
とおっしゃっていたような気がしました。
nobodyは霊媒能力の素人ですので、この直感をそのまま書くことを平にご容赦ください。


>それから、ホ・オポノポノのことで私のことに触れられていたので二重に驚いてしまいました。今日は何か気持ちが伝わったんでしょうか?^^;



そうかもしれません。みんなつながっています。
熟睡時にすべて悩みがなくなるのも、自分という存在の周波数が変わるだけです。
わたしたちの知らないわたしたちがいます。確かにいます。
skさん、大丈夫です。何もかも忘れて泣いてください。あなたを支える手はいつもあります。


こんなお辛いときにコメントくださったことを忘れないです。
ありがとうございます。
【2014/08/31 09:56】
無題
nobodyさん、フィオラとともに母の冥福を祈って頂き有難うございました。
母の安寧が保証されていると聞いて本当に安心しました。急なことでしたし、まだ自分でも死ぬとは思ってなかったように見受けられたので、心残りで成仏できないんじゃないかと心配していました。

母の言葉も伝えて頂き有難うございます。
「親子の絆が今もある」
「酉年・亥年」
「左手の小指の付け根」
「肺」
「人生で、胸に抱いた温かみがあなたの彩りになることを覚えていてください」

真ん中の三つの単語については、現時点ではすぐに思い当たる節はないのですが、これから注意しておこうと思います。
母からはほとんど一方的に愛情をそそいでもらいましたが、私は就職し独立して家を出てから、ろくに家に顔も出さず、恩返しの一つもできなかったので後悔しきりです。
親子の絆が今生に限らずこれからもあるのであれば、感謝の気持ちを毎日心から伝えようと思います。
nobodyさんとフィオラには、いつも重要な節目で助けて頂いて感謝しきれません。本当に有難うございます。
sk 2014/08/31(Sun)22:15:52 編集
Re:無題
skさん、とんでもないです。
本当にあまりお気を遣わないでくださいね。


>nobodyさん、フィオラとともに母の冥福を祈って頂き有難うございました。
>母の安寧が保証されていると聞いて本当に安心しました。急なことでしたし、まだ自分でも死ぬとは思ってなかったように見受けられたので、心残りで成仏できないんじゃないかと心配していました。



ご心配されている点が問題ないかどうかコメントいただいた時点から念入りにフィオラに確認しました。今も再三確認しましたが大丈夫です。
確実に導かれるそうです。何らかの心残りがあるかどうかはわかりませんが、フィオラがそう言う以上は、現時点で案内役がついていると考えて問題ありません。葬儀の時点でご自身の死を自覚されればそのまま逝かれますのでご安心ください。


>母の言葉も伝えて頂き有難うございます。
>「親子の絆が今もある」
>「酉年・亥年」
>「左手の小指の付け根」
>「肺」
>「人生で、胸に抱いた温かみがあなたの彩りになることを覚えていてください」
>真ん中の三つの単語については、現時点ではすぐに思い当たる節はないのですが、これから注意しておこうと思います。



ありがとうございます。ご寛容に感謝します。


>母からはほとんど一方的に愛情をそそいでもらいましたが、私は就職し独立して家を出てから、ろくに家に顔も出さず、恩返しの一つもできなかったので後悔しきりです。
>親子の絆が今生に限らずこれからもあるのであれば、感謝の気持ちを毎日心から伝えようと思います。



skさん、そのお気持ちのすべて、通じていらっしゃるはずです。
そして、お母様との絆はこれからも絶たれることは決してありません。
今はお母様のご冥福をお祈りください。


>nobodyさんとフィオラには、いつも重要な節目で助けて頂いて感謝しきれません。本当に有難うございます。



とんでもないです。わたしにできたことなど何もないですし、skさんとのご縁からも与えられてばかりだと思っています。
状況からするとフィオラはskさんのことを気にしていたようです。
向こうの世界には、いい人がたくさんいるんだと思います。すべて大丈夫です。skさん、ご返信ありがとうございました。
【2014/09/01 00:40】
無題
nobodyさん、何度も確認して頂いて有難うございました。確実に導かれるということで安心しました。
見ず知らずの私のことにここまでして頂き本当に恐縮です。nobodyさんとフィオラには感謝しかありません。有難うございました。
sk 2014/09/01(Mon)06:23:58 編集
Re:無題
skさん、こんばんは。


>nobodyさん、何度も確認して頂いて有難うございました。確実に導かれるということで安心しました。
>見ず知らずの私のことにここまでして頂き本当に恐縮です。nobodyさんとフィオラには感謝しかありません。有難うございました。



とんでもないです。それから、どういたしまして。このくらい何でもありません。ネット上だけですけれども何度もやりとりさせていただいてますから、そんなことおっしゃらないでください。
お母様は大丈夫です。そして、フィオラとわたしはskさんからいつもいただいています。
お母様に毎日感謝されるというその想いも、触れさせていただいたわたしのほうが感謝しています。どうか今はご自愛ください。
【2014/09/01 23:39】
09 2019/10 11
S M T W T F S
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody