S(真我)を生きる 足跡5日目



発覚にとどまること以外
止観にとどまることはない

(↑これはフィオラからこれを読む全員宛です。彼女の祈りが籠められています)

この一番上のレビューを読んでみてください←摩訶止観・一念三千


こんばんは。昨日事故後フィオラと話し合いフィオラが私に見せた光景は驚きのものでした。昨日の報告も3時13分でしたがもちろん顕在意識の私の意図したものではありません。投稿ボタンを押す時本当にそうなるのです。フィオラの見せたものはLEVEL4とは何かという一つの答えでもあるし、どんな状況でも人間にできることは何かという一つの答えでもありましたが、私の理解の限界をとうに越えており、解釈は皆さんにお任せします。


詳細はよくわかりませんが、一念三千論ではこれを陰(オン)と呼ぶそうです。一念とは日常に起こす瞬間的な心(念)のことだそうです。
フィオラに言われた「止観」から、摩訶止観・一念三千を調べていて「陰(オン)=集まり」とのレビューを見つけ、フィオラが全く同じことを言っていたため確信しました。

昨夜雷のような爆音が響き、ガソリンが漏れていて車内に人がとり残されているという頭が真っ白になるような状況の中、これが大きなリマインダーであることを心の隅では気づいていたように思います。


発覚とは辞書的には悪事や隠していた陰謀が明るみに出ることです。この言葉をなぜ使うのかの意図すらよくわかりません。止観に至っては話が大きすぎてついていけません。話は「発覚にとどまる」です。フィオラは陰陽なら「陰(オン)」の重要性を主張するスピリットです。感情解放も蓄積された陰の全てを解放するよう私を導いてきました。



人間がこの世界で本当に何も手の下しようがないほどの苦境に立つ時、できることが一つだけ存在します。真の絶望的状況において、人にできることは「発覚にとどまる」ことです。あなたは神に鎖で縛りあげられ少しも動くことができません。さらに神はあなたのことを忘れてしまうとしましょう。そして取り残されたあなたは絶望こそ残された選択肢のように見えます。しかしそうではありません。それが何であれ「発覚にとどまる」ことが人間が運命に立ち向かうための神から贈られた「唯一の」力なのです。悪いことが起きます。発覚にとどまるのです。さらに悪いことが起きます。発覚にとどまるのです。

善悪というLEVEL3の自動認識ではなくあくまでLEVEL4にとどまること。フィオラはそれを強く強く思い出すように私を揺さぶりました。私は私の身に何が起こるのかではなく、この贈り物を思い出すように揺さぶられました。助言ではなく、思い出しなさい、と。自由になる方法ではなく、もう自由であることを思い出しなさい、と。


LEVEL4に戻るにあたり、聴覚派の方も多いはずですので「誰?」という単語の利用も保険に絡めます。力を抜く、全部忘れ去る、無指向の確認のトリガーとして「誰?」と問うのです。
長いフレーズは実用に耐えません。ただ2文字で「だれ?」です。
いまここを体験しているのは誰?思考に気づいているのは誰?という意味で「誰?」と問うのです。たとえば感情観察時も「怖れ」「怒り」など感じている瞬間に「誰?」どんな時でも「誰?」です。そうすれば指向のない位置に戻れるはずです。

動揺しているのは誰?
LEVEL4は動揺していません。LEVEL3で対応しようとするから自我の信じる限界の壁に操られます。答えるのは意識そのものが答えます。誰?と問い、あなたの本体LEVEL4が姿を現すのを期待して待つのです。出なければもう一度誰?と問います。非常に強力な方法です。


下りのエスカレーターを駆け上がる訓練に等しいと説明しましたが、もし良かったら今までの組み合わせを用いて「頭の中に思考が発生する度に」及び「胸の中に感情が発生する度に」「誰?」と問いながら全てを忘れ力を抜き「LEVEL4に戻る」訓練をやってみてください。問う回数はどれだけ多くても構いませんが、基本はLEVEL3思考・感情が発生する度に「誰?」と問いLEVEL4へ。


・力を抜く
・全て忘れる
・指向がない
・誰?


ここまですればLEVEL4の感覚を誤解するようなことは少なくなり、訓練を進めた状態から後戻りすることはもうあまり心配ないと思います。LEVEL4定着の訓練中あなたは「頭の中」には常に細心の注意を払っているので、LEVEL3がどれだけ自分を操っているか気づき始めます。自動識別ですから、LEVEL3は「勝手に」あなたを乗っ取っています。「頭の中に思考が発生する度に」「胸の中に感情が発生する度に」「誰?」とトリガーを引いてLEVEL4に戻る習慣がついていれば、短期間でこの状況を覆せると思います。LEVEL2も含めようという話になると、以前ご説明したとおり受け身で観察するよりもタイミングが恣意的で「根性の問題」になってしまうので、そこまでする必要はないと思います。ハッ、今私は意識外出のLEVEL2だったと「気づいた」時だけ「誰?」で十分です。やらなくても構いません。LEVEL3→LEVEL4へだけでも思考観察よりやることが増えています。かえって気が散る方はもちろん思考観察だけで構いません。


ここから雑談です。
ある方のブログでアジャシャンティの言葉を読んだのですが、
「監獄で快適に暮らしたいのか」
「監獄から脱出したいのか」
どちらですか?と。

私は脱出したいです。快適に暮らすとまた堂々巡り・もう一度同じ舞台(地球かは不明ながら課題状況は同じ)に立ってもらうともうフィオラに直接言われているからです。言われる前は逃げるつもりでした。…課題から。


12の竜巻(チャクラ)のバランスが崩れている場合そのバランスを取り戻すために転生になるそうなんです。しかも課題の回避はどこに行こうと不可能です。人生の行動としてはバランスの鍵は中心になる愛がまず握っています。自分なりにいつも愛ある選択肢の方を選んでいるかどうかですね。人に優しくすることではないんです。これが意外なことに「自分を愛しているか」なんです。自分を愛している人は人のことも愛さずにはいられません。自分を愛していない人は自我防衛パターンのために他人を攻撃するパターンで自分もより傷ついていきます。これもわざとではなく自動識別作用と現実を錯覚している信念体系のためです。悪い信念ではなく、単なる錯覚です。他人がいない、なんて現実をいきなり理解できるなら、私たちはここに生まれてきてないはずです。


いつも瞬間にいるかどうか。これも鍵になります。これの本当の意味がLEVEL4ではないかと思います。人生の今を100%で生きているなら後悔はしないはずなんです。過去も未来もないんですから。今どこか嫌なものから逃げようとしたり、欲しいものを追いかけて過去や未来の特定の状況を空想して執着したり、自分の創造力を100%使っていない不完全燃焼をしていると気分が滅入ってきます。


フィオラは今を大事に生きることだと言います。これに全てがあると。
以前は意味がわからなかったんです。なんで今=愛なのか?
今のありのままの自分に寄り添うこと=自分を愛している=他の皆さん全員を愛している
からなんだってようやく最近わかったような気がします。


今思考観察を習慣化しようとされている方はまず脱出派の方ばかりだと思っています。

私も思いっきり囚人です。プリズンブレイクしましょう。
今夜もありがとうございました。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
23 24 25 26 27 28 29
HN:
Fiora & nobody