S(深淵)を生きる 足跡10日目



こんばんは。日記をもっとわかりやすくシンプルにしようと思います。コメントでご要望がもし何かあればその都度対応しますので、コメントがない時はただの日記ということで雑談も書かせてください。

最初からすべてSから体験するよう訓練すればいいと思うんです。自我が諦めるまで。

思考観察にしても唯一の道などではなく、単にSから思考を観察すれば思考に強制力はなくなるということです。思考に従う必要はどこにもありません。

感情もSから観察すれば手放すことができます。

訓練前:(無意識S)→自我(思考と感情放置)→体験
定着前:(無意識S)→自我(思考と感情意識)→S→体験
定着後:S→体験

昨日こう書いたのですが、大事なのは「S→体験」の訓練だけです。
肉体や五感、思考や感情から離れた意識状態(S)が実在することに一度気づいた後は、Sから全部体験するよう訓練する。それだけの話です。思考の入り口にこだわる必要もありません。

根性論にはなるんですが、Sを思い出そうという人に「熱意」がない人はほとんどいない気がしてきました。この内容は初心者向けではないのでご了承ください。

起きている間中ずっと、(思考観察と無関係で)S接触を維持すればいいと思うんです。
昨日ぜろさんにご説明した2本の矢印の方法も簡単です。

見ている対象←あなた→あなたの頭の中のS

目の前の何かを見ている←状態で→を逆側に伸ばしあなたの目の奥の見ている主体「S」に接触します。この接触をずっと維持しながら生活します。Sを見失ったらまたSに戻る。これだけで定着します。

私はこのやり方をしたので、どのくらいつらいか(見失うか)はよくわかっているんですが、本気でこれをやる方ならかなり短期間で定着させられるように思います。頭痛が起きるのも覚悟の上でやれば、これほどシンプルなことはありません。頭痛と言っても筋肉痛のようなもので、深刻ではありません。

見ることから入るSも思考観察を3ヵ月やったのと同じ結果になります。外部風景と思考の起こりを同時に見ることができるようになります。


歯をくいしばって「ギギギギ…」と力を入れながらS移動し・接触を保ち生活する。見失う。何でこんなに難しいんだ!?違うんです。本来は難しくないんです。
あなたがスキーの初心者で、今日が訓練3日目だとします。全身筋肉痛です。余計な力みが入りまくっているからです。でも何が「余計」なのかがわからないから発生する当たり前の痛みなんです。訓練の最初は難しくて、努力で、痛いです。中盤も痛いです。後半は退屈までしてくるのでさらに痛いです。自我はあなたではありません。ただのゴーグルです。もう少しです。タバコに火をつけようとする震える手をもう片方の手で今日も押さえましょう。

痛み、または不快感が発生するということは、もっと力をいれなさいと言われているのではなく、もっと「力を抜きなさい」と言われているんです。どの部分に痛みが発生するのかをありのまま聞いた上で、素直に力を抜きにかかってください。そうすればエネルギーの導きに従うことになり、あなたにとっての一番いい道を示してくれます。

今日もありがとうございました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
とても参考になります。
nobodyさん、はじめまして ハルと申します。
一か月ほど前にこのブログを見つけ、それから毎日更新を楽しみに読ませて頂いてます!

ブログにコメントするのは初めてですので、何か失礼がありましたらすみません。

質問なのですが、nobodyさんは真我ー愛が定着されてから、具体的に日常生活での行動や言動が変わりましたか?

私は今、Sからの思考観察と胸の中心の愛を感じるという2本立てでやっているのですが、愛は確かに感じられます(胸の中心がカイロのように暖かい)。
ですが背中の方まで行かないし、愛が流れているのを感じながらでもやはり相変わらず子供(子育て中の主婦です)にも怒ってしまいます。

怒っている相手に対しても、長年許せなかった母親に対しても、この愛?の流れみたいなものはその存在を愛しているみたいなのですが、自我の私とは断絶されていて、(私の)行動や思考が変わりません。

定着するとこの愛?が何か言ったり、行動したりしてくれるのでしょうか?
自我が自動反応で怒ったりイライラしているのはわかっていて、止めたいし嫌なのですが、だからといって他にどんな反応をしていいのかわからず今までどおりになってしまいます。

でも無駄に自分を責める思考や、罪悪感は気付いた時に距離を取って眺められるので、以前に比べ減ったと思います。

思考観察についてですが、私の場合言葉(音、読書中の頭の中に響く声のようなかんじ)、視覚イメージ、耳鳴りが同時進行で流れていきます。

現在、Sの維持は頑張って3分といったところです。
人といるとすぐに途切れてしまいます。
やはりこの辺りは根気よく繰り返すしかないのでしょうね。

それと私はSに接触した時、松果体、後頭部、喉から胸、足の付け根あたりまで一気にエネルギーがぐわっと走り抜ける感覚が気持ち悪くて、それもSの維持の支障になっている気がします。
今はだいぶ慣れましたら、始めた当初はかなり不快な感覚でした。

また、Sに接触している時は頭の中に今までにはなかったエネルギーが渦巻いているのを感じます。

今は、Sに接触すると自動で下に降り胸の愛と繋がります。
私はこの愛の方をもっと開発したいのですが、何かアドバイスなどありましたらよろしくお願い致します!

長文コメントで申し訳ありません。
ハル 2013/03/10(Sun)08:23:02 編集
Re:とても参考になります。
ハルさん、初めまして^^コメントいただきとても嬉しいです。
ありがとうございます。またハートチャクラが既に開いていらっしゃる状態で、ハルさんの状況があまりに良い方向に進まれていらっしゃるようにお見受けするので嬉しくなりました^^

>nobodyさん、はじめまして ハルと申します。
>一か月ほど前にこのブログを見つけ、それから毎日更新を楽しみに読ませて頂いてます!
>ブログにコメントするのは初めてですので、何か失礼がありましたらすみません。

とんでもないです^^何でもおっしゃってください。

>質問なのですが、nobodyさんは真我ー愛が定着されてから、具体的に日常生活での行動や言動が変わりましたか?

変わりました^^特に変わったのがすぐ静かになってしまうところです。一時的に思考や感情に巻き込まれても「S観察」にすぐなってしまうため、思考や感情から距離が生まれ、会話では自分の思考パターンと感情の動きを発生源から見て、必要な場合のみ何を選択するか選ぶようになりました。私の場合はまだ日が浅く自我が残留しているため、今までの私と同じような反応を示す「演技」はできます。愛を除けば、感情は少なくなり、穏やかになりました。
愛の感知はどのくらいの強度かにより、反応が変わります。両肩や背中まで燃えない場合は、強制笑顔が発動しないので、心でじんわり暖かく感じていてるだけです^^

>私は今、Sからの思考観察と胸の中心の愛を感じるという2本立てでやっているのですが、愛は確かに感じられます(胸の中心がカイロのように暖かい)。
>ですが背中の方まで行かないし、愛が流れているのを感じながらでもやはり相変わらず子供(子育て中の主婦です)にも怒ってしまいます。

このハルさんのコメント、本当に嬉しかったんです。S定着前の段階でSと愛を同時感知されていく方もきっとこれから増えてくるはずと思っていました^^背中の方まで愛が行かないのは「何も心配いりません」^^愛はこう動くべきとこちらがコントロールできるエネルギーではないんです。カイロのような暖かさを感じていらっしゃるなら、ハルさんはハートチャクラが開き、今燃え上がる道に進んでいらっしゃいます^^そのまま愛を感じ続けてください^^
怒りは起きていいんです。お子様の安全にも関わることですから、ご自分の怒りをどうぞ信頼して受け入れてください^^ありのままの怒りでいいんです。ただし、怒りの後でご自分を責めるパターンはSから見ます^^自分を責めることは究極的には身勝手な行為です。怒りを感じている「ありのままの自分」を胸の中心で受け入れ、自分を愛していることに気づき続けてください。その怒りの発生原因の深いところまで降りていくんです。変えようとしなくていいんです。見るだけです^^

>怒っている相手に対しても、長年許せなかった母親に対しても、この愛?の流れみたいなものはその存在を愛しているみたいなのですが、自我の私とは断絶されていて、(私の)行動や思考が変わりません。

「愛そう」は自我であり、「ただ愛している」のが真我です^^ただ愛しているとは、何を愛しているのか。そのままのその人の態度やキャラクター・歴史・全てをそのまま愛しているということです。行動や思考を変えようとしなくていいんです^^今の状態こそがハルさんの完璧さの現れであり、胸の中心にカイロのような熱さを感じるなら、そのピンク色のエネルギーはハルさんの全てをありのまま受け入れ愛しています。ハルさんがすることは、誰かを嫌いなありのままの今の自分に寄り添うことです。そのままでいいと熱源は言っているはずです^^ハルさんがすぐにも誰かを「愛そう」とするから緊張が生まれます。そのままにしていてください^^

>定着するとこの愛?が何か言ったり、行動したりしてくれるのでしょうか?

愛のただ中で気づくのは、「冷たい人のあり方までも」愛であるということです。どんな人の「あり方」も愛なんです。構成物質が愛であることに気づいていないだけの役者の演技に過ぎません^^愛が何か言ったり行動したりはしません。愛は「自由にさせる」エネルギーです。ハルさんと周囲の方を巻き込み、「ありのままの自由に導く」ことでしょう^^その時、冷たい言動や、今ハルさんが変えたいと思っている姿勢は変容するでしょうか?きっとするでしょう^^でもハルさんが意図的にすることではなく、愛に包まれ「どうしてもそうする必要があって」ハルさんは勝手にそうなってしまうのです^^

>自我が自動反応で怒ったりイライラしているのはわかっていて、止めたいし嫌なのですが、だからといって他にどんな反応をしていいのかわからず今までどおりになってしまいます。

止めたいし、嫌なのもいいんです。今の問題は、「止めたいし、嫌」なのを「嫌がっていらっしゃる」ことです。そういう無意識の指向性をそのままSから見つめてください。愛から受け入れてください^^
今までどおりだから悪い。と言っているのはただお一人です^^

>でも無駄に自分を責める思考や、罪悪感は気付いた時に距離を取って眺められるので、以前に比べ減ったと思います。

素晴らしいですね^^このまま途中で「Sと愛の感知をやめなければ」望まれる場所に到達しているご自分にふっと気づくはずです^^未来ではなく、今の瞬間に気づくんです。当たり前の今の中に、より浸透した穏やかさと、自分と相手の自由を認める受容がスペース(空間)として内側にあることにふっと気づかれます。「なんだ、これでよかったんだ…」と思われると思います^^


>思考観察についてですが、私の場合言葉(音、読書中の頭の中に響く声のようなかんじ)、視覚イメージ、耳鳴りが同時進行で流れていきます。
>現在、Sの維持は頑張って3分といったところです。
>人といるとすぐに途切れてしまいます。
>やはりこの辺りは根気よく繰り返すしかないのでしょうね。

3分で十分です^^それならば今は思考が起こる度に「S移動」する感覚を積み重ねる一週間を選択してみるといいかも知れません^^巻き込まれた!?気づいた瞬間にS移動。維持のことは考えずに、S移動の達人になるんです^^ニュートラルに常に戻る感覚はこれからずっと役に立ちます^^

>それと私はSに接触した時、松果体、後頭部、喉から胸、足の付け根あたりまで一気にエネルギーがぐわっと走り抜ける感覚が気持ち悪くて、それもSの維持の支障になっている気がします。
>今はだいぶ慣れましたら、始めた当初はかなり不快な感覚でした。
>また、Sに接触している時は頭の中に今までにはなかったエネルギーが渦巻いているのを感じます。
>今は、Sに接触すると自動で下に降り胸の愛と繋がります。

驚きました。非常にいい兆候が出ていらっしゃいます。ハルさんは「クンダリーニ」が動くくらいの全身の竜巻(チャクラ)バランスが整っている可能性があると思うのです。竜巻の垂直の道が動くことに全身で気づかれる兆候かも知れません。不快感が出る場合は、「その不快感」のメッセージを注意深く気にしてください。問題ないと頭で唱えてはいけません。その不快感が何を言おうとしているかを優しく見守って受け入れてください。気分が悪くなったらメッセージを聞いて「から」ストップします。

Sに接触すると自動で下に降り、胸の中心の愛と繋がる。
これはすばらしいです。S定着というのは重力に基づいて「大地に根ざす」方向にエネルギーが定着することです。このエネルギーは重力に捕まるのですが、本当の悟りに入る前にこうして大地に根ざすことができないと、重力を振り切るワンネスへの道が開かれないのです。ハルさんはもう時間を気にせず、今のご自分のバランスをありのまま受け入れ、大事にしてください。

何か私にできることがあれば、いつでもコメントください。ハルさんの道は、ハルさんだけの道です。画一的なやり方で到達できるものではなく、信頼すべき教師はハルさんの内なる光、内なるエネルギーです。ご自分を取り巻くあらゆる人間関係と今の状況を「エネルギー」と見立て、その動きに注意を払ってください。信号のようにハルさんに進むべき道を点滅して示しているはずです。今この瞬間にです。


>私はこの愛の方をもっと開発したいのですが、何かアドバイスなどありましたらよろしくお願い致します!
>長文コメントで申し訳ありません。

とんでもないです^^本当にワクワクするような贈り物をいただきました^^
愛から進まれたいとハルさんの内なる光がおっしゃっているのなら、胸の中心奥のカイロのような熱エネルギーを「輝き続けるピンク色」のエネルギーとイメージし、その動きをできる限り多く感知ください。
その動きに注意しながら人とありのままに関わります。それは信号です。
あらゆるエネルギーはそもそも「ひとつ」「一なるエネルギー」です。五感の感知に集中したり、自我の操作性で「意識の窓」が特定の方向を向くからそれ以外のエネルギーの自然な動きに気づくのが遅れるだけです。これをピンクを中心にして、ありのままレーダーのように動きを受信することに集中するのです。
愛は静寂と一つです。

また何かあったらいつでもおっしゃってくださいね^^コメントありがとうございました^^
【2013/03/10 13:02】
ありがとうございました。
nobodyさん、とても丁寧かつ真摯にお答え頂いて感動しております。
何度も何度も読みました。
じんわりと涙が出てきました。

で、気付いたんです。
私はとてもコントロール願望が強く、(特に自分と子供に対して)全くありのままの自分を愛していなかったし自由を許していなかったことに。

それどころか、スピリチュアルに興味を持ってからは自我=悪者=消滅させなければいけないもの、とさえ考えていました。
毎朝自我が自動で立ち上がるのに気付くたび、ああまだ「私」がいる・・・自我のままだ、と絶望的な気分になります(^^;)

どうしても自我を手放したくて、たくさん悟り系の本も読みました。
(もちろんやまがみさんの本も)
でもどうにもならないのが苦しくて、ある日神様にお願いしました。
もう「私」はいりません、お返しします。
どうかこの体を、私をあなたの目的の為に使って下さい、と。
自殺しなかったのは勇気がなかったからで、一般的には幸せな状況だとおもうのですが、精神的にはそれぐらい追い詰められていました。

それからすぐにやまがみさんのブログ経由で、nobodyさんのことを知り、自分の胸に流れる愛のエネルギーにも気付きました。
なんだか導かれている気がしますね。

私は何故か以前から、キリストやマザー・テレサの在り方である「無条件の愛」にとても憧れがあり、子供に、あらゆる人に愛を注ごうとしてそうできない自分を責めて苦しんでいました。
だから今回nobodyさんに「ありのままのあなたで完璧」と仰って頂いて、とても安堵し、また今後の方向性が見出せました。
nobodyさんのアドバイスを腑に落とし、愛とS定着の2本立ての実践を続けます。

そして正体不明で気味が悪かったエネルギーが「クンダリーニ」かもしれないというのがわかって、とても驚きました。
どこかのインドの聖者の話で、自分には全く関係ない世界だと思っていました(^^;)

何も変えようとせず、自分も含めて誰もコントロールしようとせず、ただ愛の円絵ルギーを感じる事(ピンク色のエネルギーのイメージは、とても参考になりました!
ブログで読んだのに、完全に失念していました。
今から早速やりますね)、自我をSから眺め続けることを続けます。

nobodyさん、本当にありがとうございました!
思い切ってコメントさせて頂いて良かったです。
本も参考になりますが、自分に向けて頂いたアドバイスは本何十冊分、それ以上の気づきをくれますね。
またなにかありましたら、コメントさせて頂きます。
それでは、ブログを楽しみにしております。

また長文になりすみません。
ハル 2013/03/10(Sun)17:28:52 編集
Re:ありがとうございました。
ハルさん、とんでもないです。こちらこそ丁寧に、真摯にお返事いただき感動しております。
誰かのお役に立てることが、こんなにも嬉しいなんて、この日記を始めて良かったと今日心の底から思いました。ありがとうございます。

>nobodyさん、とても丁寧かつ真摯にお答え頂いて感動しております。
>何度も何度も読みました。
>じんわりと涙が出てきました。
>
>で、気付いたんです。
>私はとてもコントロール願望が強く、(特に自分と子供に対して)全くありのままの自分を愛していなかったし自由を許していなかったことに。

私も一緒です。いつも未来を求めていました^^
こうあるべき自分とありのままの自分を比較し、いつもありのままの自分を虐待してきました。

>それどころか、スピリチュアルに興味を持ってからは自我=悪者=消滅させなければいけないもの、とさえ考えていました。
>毎朝自我が自動で立ち上がるのに気付くたび、ああまだ「私」がいる・・・自我のままだ、と絶望的な気分になります(^^;)

私が子供の頃「炎(ほのお)」をみた時、わかったことがあります。誰もが今完璧です。永遠に。自我や欠点はなんと輝いていることか。神が与えた個性は宝石です。悟りとは、それに気づくことだと思います。必ず気づきます。神に失敗はありません^^

>どうしても自我を手放したくて、たくさん悟り系の本も読みました。
>(もちろんやまがみさんの本も)
>でもどうにもならないのが苦しくて、ある日神様にお願いしました。
>もう「私」はいりません、お返しします。
>どうかこの体を、私をあなたの目的の為に使って下さい、と。
>自殺しなかったのは勇気がなかったからで、一般的には幸せな状況だとおもうのですが、精神的にはそれぐらい追い詰められていました。

ハルさんのその姿勢が根本原因です。ハルさんの尽きることのない炎です。
私も「もう傷ついていることを認めます。今後も傷つくだろうことを認めます。どんな傷でも与えてください。その傷の奥底から不死鳥のように炎として蘇ることをどうか体験させてください」と神に祈っています。

>それからすぐにやまがみさんのブログ経由で、nobodyさんのことを知り、自分の胸に流れる愛のエネルギーにも気付きました。
>なんだか導かれている気がしますね。

光栄です^^出会いは人間よりも大いなる意思により計画されているのだと思います。
飛び交う交差点で、ほんの少しでもお役に立てたのなら嬉しいです^^

>私は何故か以前から、キリストやマザー・テレサの在り方である「無条件の愛」にとても憧れがあり、子供に、あらゆる人に愛を注ごうとしてそうできない自分を責めて苦しんでいました。
>だから今回nobodyさんに「ありのままのあなたで完璧」と仰って頂いて、とても安堵し、また今後の方向性が見出せました。
>nobodyさんのアドバイスを腑に落とし、愛とS定着の2本立ての実践を続けます。

以前から「無条件の愛」に憧れがあった、それは軽視してはいけません。
私ごときではわかりませんが、ハルさんの本体の計画と台本は人間(どんな専門家でも)の理性では全く及びのつかないことを計画しています。大人になっても可能性は無限です。
どうかご自身の直感と理性を融合させ、ハルさんしか歩めない道を歩んでください^^

>そして正体不明で気味が悪かったエネルギーが「クンダリーニ」かもしれないというのがわかって、とても驚きました。
>どこかのインドの聖者の話で、自分には全く関係ない世界だと思っていました(^^;)

今までに封印(ブロック)していた感情やエネルギーを解放する時、不快感が発生することも多いです。氷が溶け始めているのかも知れません。それが何を意味しているのかゆっくり対話してみてください^^

>何も変えようとせず、自分も含めて誰もコントロールしようとせず、ただ愛のエネルギーを感じる事(ピンク色のエネルギーのイメージは、とても参考になりました!
>ブログで読んだのに、完全に失念していました。
>今から早速やりますね)、自我をSから眺め続けることを続けます。

愛と静寂を実践されるのですね^^
私も道半ばであらゆる意味で中途半端ですが、もしお手伝いできることがあったらいつでもコメントお待ちしてます^^

>nobodyさん、本当にありがとうございました!
>思い切ってコメントさせて頂いて良かったです。
>本も参考になりますが、自分に向けて頂いたアドバイスは本何十冊分、それ以上の気づきをくれますね。
>またなにかありましたら、コメントさせて頂きます。
>それでは、ブログを楽しみにしております。
>
>また長文になりすみません。

とんでもないです^^登山者ミーツ登山者です。
ハルさんが元気を出してまた登ろうとしている姿が私の希望になりました。
こちらこそ心から感謝してます。
またお声がけください。ありがとうございました^^
【2013/03/10 22:35】
09 2019/10 11
S M T W T F S
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody