こんばんは。今夜のテーマは「S=リラックス」です。
訓練中にSってどこだっけ?あれ?わからないよ!わかんなくなっちゃったよ!という時がたくさん来ます。そこでSをもっとも的確に定義しようとすると、リラックスになると思います。
わかんなくなっちゃったよ!と言ってる瞬間の気持ちも何もかも気づいているんですからSは健在です。Sの感覚がわからなくなっただけですから、Sの感覚に戻るためにリラックスします。
今あるもの今あるものとしてそのままリラックスして認める。

心がざわついている瞬間に、落ち込みまくっている瞬間に、リラックスするということは、今のざわざわも落ち込みも何もかもをまるごと認めるということです。

五感…まるごと認めます。
思考…まるごと認めます。
感情…まるごと認めます。
ドジった…まるごと認めます。

そんなの普通の日常と変わらないよ!?

いいえ、違います。
普通は「自然音」すら無意識にカットして「今」を生きています。日常を好き勝手に改変して生きているんです。自我が、無意識に、「今」を改変してからあなたに届けています。自我に悪気はないんです。改変しようという根性こそが自我なんです。

自我は落ち込むとか嫌な感じがする状況をきっと認めません。あるがままの今に対する抵抗勢力が自我です。

たとえばSの位置を松果体だと思っていると、松果体にうまく接触できない時にSは失われたと思いがちですが、Sは継続する実体ですから、呼吸より確かにあなたであり続けています。松果体に触れられない時もです。肉体がなくなってもSは消えません。

S接触にあなたは今までどれだけ失敗してきたでしょうか?どのくらいの時間でしょう?
「0秒」です。あなたがS接触に失敗したことはかつて一度もありません。
何もしなくてもそれはある。あなただから。それをSと呼ぼうが何と呼ぼうがあなたです。

Sが継続しているのであって、私たち(自我)のほうがずっと気まぐれなんです。

問題は逆さまです。S移動やS接触に訓練が必要なのではなく、「Sを大体常に忘れているまま」思考し、行動し、反応してしまう癖は「どうやったら治るのか」という話です。
私たちが思考にいつも振り回されている癖はどうやったら治るのか。答えはリラックスです。

リラックスが難しいというのは事実ではなく。
自我が無意識に難しい難しいと心の中で言っているだけです。それに意識的に気づいていないんです。何かを怖れていて、それを認めたくないとかそういう理由もよくあります。

私たちは訓練前に「矢印マスター」です。常に矢印矢印。なんでもかんでも矢印を指します。
訓練中は「リラックスビギナー」です。定着後はなんでもいいや~の本来の「リラックスマスター」に戻ります。それって戻る価値あるの?矢印マスターはすぐ聞きます。

価値があろうがなかろうがいいんです。価値があったら認めますし、なかったら認めます。
何が来ようと認めます。そこに何があるかは一人一人の最大のお楽しみです。

今リラックスに溶けきっている人が悟りです。

「今をまるごと認めちゃう」ことが「悟り」につながる道である可能性をゆっくり検証してみてください。

リラックスはだら~んとするだけに思われますが違います。
リラックスにはもう一つ大きな効果がありまして、それが「矢印」に気づく力なんです。

それは意識がリラックスしているからこそ、矢印がすっきりわかる力です。

たとえば心がごわごわしている時、まるごと認めるとごわごわをごわごわとして感じます。

ごわごわはごわごわしているからいけない!という矢印がないから、その動き、エネルギーの質、断続性、原因となった思考、全部ピンときます。

これがSです。

何かを「変えたい」という矢印そのものをまるごと認めるので矢印に同化してしまうような気がするでしょうが違います。まるごと認める地点はまるごと気づく地点です。
何かを「変えたい」矢印のエネルギーは「有限」であり、消えていくものであることに気づきます。

まるごと気づく地平があなたであり、継続しています。

あなたの地平線は光に満ちています。

努力せずに勝手にどんな時も継続していますから、維持の努力は無意味です。

することは今リラックス。今リラックス。今リラックス。

これがS移動です。

今リラックスしながら~「見る」「聞く」「考える」「会話する」「何かする」

これがS接触です。


リラックスという言葉を書いていて、疑問が沸きました。リラックスしようという時点で指向かもしれないです。言葉で表現できないものを表現しようとするのは矛盾しか出ません。全面的に今を認めると書くと、今を認めないという対極の概念も発生します。認める云々の前に、コントロールできない気づきがあることにどうやって気づくか。気づくことはコントロール不可能で、気づかないこと自体ができないんです。今無数の気づきがあります。無数に見えるんですが、ひとつの気づきです。このひとつの気づきが自分の本体であることにどうやって気づくか。今にある、という表現が適切かも知れないと思いました。今肉体があり、五感があり、思考があり、感情がある。その他の全てがある。これに気づいているから、あると言えるわけです。では気づいている主体は誰なのか?何なのか?思考観察は思考という部分を軸にして、気づいている主体を思い出す取り組みです。でもそれは方便であって、気づきは思考以外の全てにも気づいているわけです。連続同時的に、気づいています。気づかないことが不可能で、気づきは私たちにはコントロール不可能です。ではこの気づきの主体の本当の力、今、ありのままの気づきに完全にゆだねるならば、何が起こるのか。この記録をとってみることにします。

今日もありがとうございました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
静かです
nobodyさん、こんにちは!

前回のコメント、面白くて笑っちゃいました^^
私もデスノートではLがいちばん好き!でした。
まさかあんなにあっさりお亡くなりになるとは予想しなかったので、しばらく呆然としましたw
ジャンプにありがちな生き返るんじゃないの?とか。
でもあの潔さが良かったですね。

今日のリラックスの記事、すごく分かりやすかったです。
無理に自分を愛そうとか赦すとかじゃなくて、ただあるがまま受け入れるってこういうことなんですね。
今まで色々な本やネットで知識としては知ってましたが、やっと体験レベルで腑に落ちました。
あと私はS移動に気がいきすぎて、力入りまくりでした^^;
今まで頑張って目の奥の存在に焦点を合わせてから、下(胸)に自動で降りてたのを止めて、ただ胸の愛を意識するだけにしてみました。
力が抜けていい感じです。

で、今朝9時頃、静かに座って愛に浸っていたらなにか感覚が変化しました。
目を開けて日常に戻っても、ずっと胸に意識があるんです。

で、今(もうすぐ13時)もその状態が続いてます。
すごく静かな場所にいる感じです。

思考は今まで通りガンガンやってくるんですが、それに巻き込まれずただ見送っているような。
今までは次々にやってくる思考と一緒になって、わちゃわちゃやってたのが、目の前を通り過ぎて行く電車(思考)を、踏み切りのこっち側で見送っている感じです。

でもエゴの引き戻し?がすごいです。
「○○になったらどうする?」
「こんな状態すぐもとに戻るに決まってる」
「○○が死んだら?それでもここで静かに見送れるのか?」など・・・。

でも不思議とそれで気付いてるだけで、巻き込まれないでいられます。少なくとも今は。

私は、思考・エゴ=自分 だとずっと思って生きてきてそれがしんどくて辛くて堪らなかったのですが、思考もエゴもただ、そういう考えがあるだけ?
ひとつのアイデアで自分そのものじゃなかったんだなと気付きました。

でもまだ人と話したり接すると、静かなところから思考側に戻される感じです。
これがなんなのかわかりませんが、心地よいのでこの場所に居続けます^^

nobodyさん、人生の第2幕はどんな感じですか?
フィオラさんの脅し、めちゃ怖いですね。。
私、タロットをちょっとかじった時があるんですがとにかく死神と塔のカードが怖かったです・・・。
なんとなく恐くてタロットからはすぐに身を引きました^^;
個人的には月も不安を呼び覚ましますね。
星のカードが好きです。

それとバーソロミューも一通り読み終わりました!
思考観察の大切さと愛の感覚のところが、今の私にとても参考になりました。
聖フランチェスコについての記述の部分、興味深かったです。
神への憧れと激しさに共感しました。
バーソロミューシリーズは3まであるみたいですが、nobodyさんは全てお持ちですか?
是非3冊全て復刊して欲しいですね^^

今日も長々と失礼しました。
それではまた遊びに来ます。
ハル 2013/03/16(Sat)12:46:48 編集
Re:静かです
ハルさん、こんにちは!元気ですね!^^
パワーが伝わってきます!私大好きですそういうの!^^

>nobodyさん、こんにちは!
>前回のコメント、面白くて笑っちゃいました^^
>私もデスノートではLがいちばん好き!でした。
>まさかあんなにあっさりお亡くなりになるとは予想しなかったので、しばらく呆然としましたw
>ジャンプにありがちな生き返るんじゃないの?とか。
>でもあの潔さが良かったですね。

「L」は死にません。私たちの心の中に生きているんです。
私も普通の人ですが、本当にどうでもよくなってきたら「L」と名乗ろうとするかもしれません。
その時は全力で止めてください^^

>今日のリラックスの記事、すごく分かりやすかったです。
>無理に自分を愛そうとか赦すとかじゃなくて、ただあるがまま受け入れるってこういうことなんですね。
>今まで色々な本やネットで知識としては知ってましたが、やっと体験レベルで腑に落ちました。

体験レベルで腑に落ちる。これです!^^これがないと、悩んじゃうんですよね。私もその苦しみがよくわかります。こないだですね、「私はもう2年間も思考観察と感情観察をやっているんですが、自我がいっこうに強いままで苦しんでいます。どうしたらいいでしょうか?」というご相談を拝見しました。
この質問の裏に既に、「自我は悪者である」という認識が透けて見えるんですね。それが新たな矢印であることにご自分で無意識のまま2年間懸命な思いで続けていらっしゃるんです。その体験はもちろん決して無駄にはなりませんし、この方は今完璧です。でも今のハルさんならこの方の苦しみとよくかかる落とし穴を一瞬で見抜けると思います。私たちは今連携して、協力して、「楽しく翔ぼう」としています^^自分がまず楽しい気分になることが他の人に対しての本当にサポートになっていきます^^

>あと私はS移動に気がいきすぎて、力入りまくりでした^^;
>今まで頑張って目の奥の存在に焦点を合わせてから、下(胸)に自動で降りてたのを止めて、ただ胸の愛を意識するだけにしてみました。
>力が抜けていい感じです。

ハルさんが見つけたものは、ハルさんの財産です^^愛は静寂そのもので、光です。呼吸と同じように常にあったんです。気づかなかっただけですね^^これからは愛のハルさんです^^

>で、今朝9時頃、静かに座って愛に浸っていたらなにか感覚が変化しました。
>目を開けて日常に戻っても、ずっと胸に意識があるんです。
>で、今(もうすぐ13時)もその状態が続いてます。
>すごく静かな場所にいる感じです。

おそらくですが、ハルさんは複数のチャクラのバランスの準備が整っていたのでしょう^^
無条件の愛に昔から惹かれていたハルさんは、そこが人生の基本なのかも知れませんよ^^
その深度は私にはわかりませんが、ハルさんが現時点で一番パワフルだと感じる位置にゆだねて今の深淵と向かい合うなら、きっと素敵な贈り物がもうあったことに気づかれると思います^^

>思考は今まで通りガンガンやってくるんですが、それに巻き込まれずただ見送っているような。
>今までは次々にやってくる思考と一緒になって、わちゃわちゃやってたのが、目の前を通り過ぎて行く電車(思考)を、踏み切りのこっち側で見送っている感じです。

わちゃわちゃ私もやりますよ^^わちゃわちゃすることから一切逃げようとしないなら、風景が明るくなる時と同様に暗くなる時も素敵な絵に気づきます。拡張・収縮・静止の全てに、基底に「愛」を感じるなら、この電車の旅は格別におもしろくなります^^怒っている時だって「愛」は一瞬たりとも消えていなかったんです^^怖れがあって、「愛」を感知できなくなっていただけです^^
今のハルさんは「怖れ」にすら、正面きって向かい合っているんだと思います^^

>でもエゴの引き戻し?がすごいです。
>「○○になったらどうする?」
>「こんな状態すぐもとに戻るに決まってる」
>「○○が死んだら?それでもここで静かに見送れるのか?」など・・・。

その引き戻しすら、ハルさんの妹さん(自我)の優しい声なんです^^今この瞬間の大事な家族の声です^^決して敵ではないですし、あっていいものです。「今」にありましょう^^「今」予測もできるし、過去の記憶の参照もできますし、悩むこともできます。ハルさんはそれら全部を「今」「愛」を中心にありのまま受け入れているんです^^

>でも不思議とそれで気付いてるだけで、巻き込まれないでいられます。少なくとも今は。

巻き込まれてもいいんです^^巻き込まれている「今」すら「愛」です^^

>私は、思考・エゴ=自分 だとずっと思って生きてきてそれがしんどくて辛くて堪らなかったのですが、思考もエゴもただ、そういう考えがあるだけ?
>ひとつのアイデアで自分そのものじゃなかったんだなと気付きました。

私もそうです。しんどくて辛くて堪らなかったです。歩く度に、一歩一歩足が地面に着く度に、体の内部で爆発が起きているような感覚がある時もありました^^エネルギーが内部で破裂しているんですね。そういう時は、自分を責めているんです。今を呪っているんです。さらにそこから目を逸らそうともしています。
思考もエゴも、ありのまま見てほしがってるんです^^子供と一緒です。子供(思考)が嘘をついている最中に、言葉の裏に寂しさがあるなら、それを親に透き通るように見つめて抱きしめてほしいと願っているんです。大切な家族です^^

>でもまだ人と話したり接すると、静かなところから思考側に戻される感じです。
>これがなんなのかわかりませんが、心地よいのでこの場所に居続けます^^

一番ハルさんが心地いい場所に居続けてください^^不思議なことにハルさんがその場所にいると、ハルさんの周囲の人にとっても同時に居心地がよくなるんです^^

>nobodyさん、人生の第2幕はどんな感じですか?
>フィオラさんの脅し、めちゃ怖いですね。。
>私、タロットをちょっとかじった時があるんですがとにかく死神と塔のカードが怖かったです・・・。
>なんとなく恐くてタロットからはすぐに身を引きました^^;
>個人的には月も不安を呼び覚ましますね。
>星のカードが好きです。

人生の第2幕は感謝しています^^フィオラに最初脅された時は明日に備える態度から「今日を生きる」態度に変容しました。そして今は、「今にある」態度にまた変容しようとしています^^今聞こえる音に、花の香りに、やわらかく肩をなでる日差しに感謝しています^^
死神に塔に月。フィオラは「陰」の象徴かも知れません^^でも、そんな陰の中にも変わらない愛があることを一貫して私に指差してくれている気がするんです^^だから私は発覚にとどまります^^

>それとバーソロミューも一通り読み終わりました!
>思考観察の大切さと愛の感覚のところが、今の私にとても参考になりました。
>聖フランチェスコについての記述の部分、興味深かったです。
>神への憧れと激しさに共感しました。
>バーソロミューシリーズは3まであるみたいですが、nobodyさんは全てお持ちですか?
>是非3冊全て復刊して欲しいですね^^

読んでくださってありがとうございます^^思考観察も愛も大事ですね^^でも大事でないものもなかったりします^^思考観察の技術を知らない人も愛そのものです。「人というのは結局、全部が愛おしいと、どうやら思っているらしい」ことを伝えるメッセンジャーでした^^
聖フランチェスコは「見返り」の全てを拒否しました。「愛させてほしい」という願い「だけ」になった方でした。そういう方を神は放置するわけがないという生きた証拠ですね^^熱意、などという言葉ではとても表現できない生き様であり、あり方でした。ハルさんは共鳴する精神があるんだと思います^^

バーソロミューは1・2・3・旅日記上・下の5冊と1994年来日時の東京と京都の公演の録音を持っていて宝物にしています^^復刊が続くといいですよね^^

>今日も長々と失礼しました。
>それではまた遊びに来ます。

とんでもないです^^いつもハルさんのコメント楽しいです^^
またお待ちしてますね^^
【2013/03/16 18:18】
09 2019/10 11
S M T W T F S
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody