忍者ブログ

こんばんは^^今夜も思考観察について続けていきますね。
skさん、丁寧なご返信をいただき、ありがとうございました。お人柄が伝わってくるように感じ、この本来の思考観察が目的としているものを明らかにするskさん独自の道に、微力ながら私も全力でお手伝いさせていただきたいと思いました^^

ぜろさんとハルさんには「頭蓋骨内部クリーン」が思ったよりも伝わりやすかったようでよかったです^^
さらに「放射」や「拡張」の感覚が見つかるとSに入りやすくなります。最初はこの「放射感覚」や「拡張感覚」はハートチャクラの「愛」を最初に感知する時ぐらい「微細な感覚」です。注意して感知していただければと思います^^ぜろさんは愛の感覚がまだ掴めていらっしゃらないと思いますので、ゆっくりでいいんです^^もし頭蓋骨を見張り、自然音をすべて拾うソナーの調整をする際に、「放射」や「拡張」の感覚があればご注意ください^^

360度受信するというのは、逆に360度送信している感覚、拡張している感覚に近いんです。

「今に開く」という表現に近いです^^
悟りも、「悟りを啓く」と表現されます。それは今に開くという感覚にも共通点があるんです。
今に開いていることで、何も批判することなく今この瞬間の自然な動きが圧倒的な光の背景の中輝いていることに気づく瞬間が増えていきます^^
今に開いている時は、頭蓋骨内部は何もない(ノーマインド)状態が多いので、頭蓋骨内部クリーンを意識的に訓練して放射状態に入るS移動感覚に熟達すればするほど、SのON/OFFの感覚が現実的になっていきます。Sは常にONなのですが、いつでも意識的に戻れるようになるということです^^

いまここ、にいるという表現は誤解されやすく、
いまここを体験している「意識のキャンバス=S」からいまここを体験する訓練です。

S→体験は最初からみんなできている(定着している)のですが

訓練前:(無意識S)→自我の色眼鏡(自動思考パターン)→体験

になっています。
ですから、この自動思考パターンを「どうやって」停止させ、
「どうやって」Sを「意識下に置く」かが問題の本質です。

頭蓋骨内部クリーンはこの自動思考パターンを停止させるのに非常に有効に働きます。
頭蓋骨内部クリーン状態は

(無意識S)→体験

に入る訓練と言えます^^
360度自然音ソナーを調整する段階で、(無意識S)が意識されたSに変わる感覚が「放射感覚」や「拡張感覚」なんです^^

S→体験

となれば、あとは定着するまでここに戻る癖づけをするだけで定着していきます^^
そんなに人工的に急がなくていいんです。ありのままの流れに任せれば、最適な気づきが生まれ、導かれます^^

skさんには直接Sに戻る感覚を「誰?」をトリガーにして戻っていただくほうが現実に沿っているかも知れないと推測しています^^思考観察にとらわれないほうがいいのかも知れません。
職場によっては、とてもとても内部クリーンを実施している十分な時間がないことがあるからです。一瞬の判断が問われる状況ではとても落ち着いていられない場合がありますから、そういう時は合間合間に「誰?」と問いながら、今の状況自体を認識している主体は一体誰なのか?何なのか?を意識そのものに答えさせる焦点移動を繰り返す方がお仕事中にS意識のエネルギーを持ち込むことになるのではないかと思います。意識のピント調整です^^


現れの世界で何が起きているかということに関わらず、キャンバスのエネルギーは常に今浸透しています。影響が及ばない範囲はどこにもありません。

たとえば「書道」で一筆一筆に墨を浸し、字を描くわけですが、浸すのは墨だけではないはずです。一筆一筆浸しているのは「静寂のエネルギー」です。
静寂のエネルギーに満ちていない行動は、単に字面をなぞることになってしまい、そこに魂がこもりません。

文字は記号に過ぎず、常に人が感知するのは背後のエネルギーの方です^^
バーソロミューを読んでいて常に感じるのは、彼の「自由にさせる」エネルギーです。人を限界に苛まれるみじめな存在だとは見ていない。人が飛びたてることを知っている者の視線は人を高揚させます。

静寂が心地よいと感じるまで続けてみてください。静寂は何もないのではなく、何でもあって静止しています^^動きなく、ただ観ているだけ。

その空間意識がなければどんな絵のキャラクターも存在できません。動の背後に静があります。どんな時も、どんな場所にも。今ここにあります。

事象は予想されることなく起こり、私たちはただ気づきます。
原因追求は理性のフリに過ぎず、単なる思考に過ぎず、それがあの事象が起こった原因であると結論をまとめた報告書を提出する頃には「幻想」の産物になっています^^

それらに構わず、常に新しい今にあるあり方こそ、私たちが4歳の時に置き去りにした本当のパワーとつながるあり方です^^


感情観察時も、感情を吟味しようという瞬間にノーマインドに戻れるならば、そこにあるのは今周囲で起きていることと今起きている「感情」のみになります。

感情に余計な物語を付け加えず、幻の国境線を侵した敵国の軍隊を責めず、どのような境界線を普段自分(自我)が想定していて、どれほど大事にしているか、そのバランスについてのメッセージを聞く態度に変容し、生きやすくなっていきます^^

それが真実の国境線なら怒りは正当ですが、国境線が空想に過ぎないというところが問題です^^
これを認識できるのは自分しかいないんです。
今この瞬間のチャクラのバランスを教えてくれるメッセージが感情です^^

今夜はここまでにしますね^^
今日もありがとうございました^^
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
私の拙いコメントにたくさんのアドバイスを頂き有難うございました。ほとんどnobodyさんがおっしゃるとおりの状況でおどろきました。

魂の奥底の叫びか、エゴの叫びかわからずどうして良いか迷っているのですが、ちょうど精神世界に触れた10年程前から仕事に違和感を感じて苦痛になり始め、最近は次にやりたいこともないのに、仕事を辞めることばかり考えてしまっています。一方で、これもまた10年くらい前に結婚し、その後子供も生まれて、仕事を辞めにくい状況があります。

nobodyさんのおっしゃるとおり、一日が終わると精魂尽き果てる感じでクタクタになります。ご指摘の不快感の裏にある我慢してきたことは、仕事内容もそうですが人間関係なのかもしれません。昔から他人の目が異常に気になってしまい、職場で他愛もない会話をしている時ですら緊張しているような塩梅です。仕事のミスや同僚とのコミニュケーションが上手くいかなかった時は、多分周りが気にしていないような些細なことでも自分を責めて落ち込んでしまいます。そして、おっしゃるとおり、自分を変えなければと思っていますので、思考観察などをして一瞥が起これば、状況も良くなるのではないかという期待感で今なんとか過ごしているような感じです。

あるがままの自分を受け入れる、自分を愛することが大切だとは頭ではわかるのですが、どうしたら実感としてそう思えるのか感覚がわかりません…ホ・オポノポノなどで愛してますと唱える方法も、自分には頭でなぞっているだけで感覚的に上滑りしている感じがしてしまいます。
まずはご指摘頂いた今の不快感のメッセージをありのままに聞いてみたいと思います。サポーターの実在に気付くというのは目に見える存在のことでしょうか。若しくはnobodyさんのフィオラのような存在のことなのでしょうか。
長文になってしまい申し訳ありません。
sk 2013/03/21(Thu)12:10:59 編集
Re:無題
skさん、こんばんは^^ご返信ありがとうございます。

>私の拙いコメントにたくさんのアドバイスを頂き有難うございました。ほとんどnobodyさんがおっしゃるとおりの状況でおどろきました。

とんでもないです。本当はご提案は根本の原因に直接触れるベストの1つに絞らなければならないのですが、推測混じりでご提案を分散してしまい、申し訳なく思っております。

>魂の奥底の叫びか、エゴの叫びかわからずどうして良いか迷っているのですが、ちょうど精神世界に触れた10年程前から仕事に違和感を感じて苦痛になり始め、最近は次にやりたいこともないのに、仕事を辞めることばかり考えてしまっています。一方で、これもまた10年くらい前に結婚し、その後子供も生まれて、仕事を辞めにくい状況があります。

おそらくskさんには信じがたいことかも知れませんが、この現状況(違和感に満ち、憂鬱であり、辞めるか、留まるか迷う状況)こそskさんの本体が設置したかった状況ではないかと思っています。よそ見をした隙にこういう状況に巻き込まれたわけではなく、まさにこの状況こそskさんのオーダーメイドの「体験」のためにわざわざ緻密に練り上げられた舞台であると思うのです。わざと構築された状況、私はそう思います。
そしてお子様のことなのですが^^困難な状況を課題として設定し、今奮闘されていらっしゃる父としてのskさんに全幅の信頼をもって、お子様から選ばれていることをご念頭に置いていただければと思います。お子様はもう知っているのだと思います。skさんがこの困難を乗り越えることを知っていて、ここにやって来られたのだと思います^^

>nobodyさんのおっしゃるとおり、一日が終わると精魂尽き果てる感じでクタクタになります。ご指摘の不快感の裏にある我慢してきたことは、仕事内容もそうですが人間関係なのかもしれません。昔から他人の目が異常に気になってしまい、職場で他愛もない会話をしている時ですら緊張しているような塩梅です。仕事のミスや同僚とのコミニュケーションが上手くいかなかった時は、多分周りが気にしていないような些細なことでも自分を責めて落ち込んでしまいます。そして、おっしゃるとおり、自分を変えなければと思っていますので、思考観察などをして一瞥が起これば、状況も良くなるのではないかという期待感で今なんとか過ごしているような感じです。


skさんとお話していて最初に感じるのは、skさんの魂の真摯さ、純粋さ、姿勢、です。心優しく、この世界との調和を常にはかられ、人を傷つける道は決して選ぼうとせず、周囲の人々を逆に思いやっていらっしゃるお人柄が伝わってくるのです^^どんなお金持ちでも、お金をいくら出しても決して購入することのできない「魂の遺産」を感じるような気がいたします^^
skさんをこれから必要とされる方がますます増えていくような気が私にはいたします^^

職場は不思議なところで、ある種の「村」のようなものです。村人たちの目は「成果」という一点に向けられ合理主義の狼煙が上がり、規格外の村人を村八分にするような文化も生まれます。職場での自我の連想作用は強力で、村人Aの目を見るだけで、多くの型にはまらなければならない窮屈さを感じます。それは「恐怖」の文化です。ここで感じる違和感は、何も間違っていません。優しい人こそ、この文化に適応できない自分の魂の呼び声に悩みます。

魂は何を呼んでいるかというとskさんに「どうか帰ってきてほしい」と呼んでいるのだと思います^^
どこに?今、内側にです。本に書いてある状況ではなく、スピリチュアルとのたまう怪しげな人々の生徒としてではなく、ただ一人、skさんの真の個性と輝きに帰ってきてほしいと呼んでいるのだと思うのです。
人の恐怖の源は「他人との分離」ではありません。
「わたしはもしかしたら神と分離してしまったかもしれない」という根源的な恐怖です。
この根源に鋭敏な方ほどスピリチュアル分野の情報に接触します。10年前の時点からskさんが接触したのはこの呼び声を早くから感じていらっしゃったからだと思います。そして、現実の職場環境や経営理念や人間関係との板挟みになる状況をわざと構築されて乗り越えようと台本を描かれているように思います。勇気が必要な台本を描く方は、最初から物凄く勇気のある方だけです^^


>あるがままの自分を受け入れる、自分を愛することが大切だとは頭ではわかるのですが、どうしたら実感としてそう思えるのか感覚がわかりません…ホ・オポノポノなどで愛してますと唱える方法も、自分には頭でなぞっているだけで感覚的に上滑りしている感じがしてしまいます。


わかりました^^愛はかさぶたの内側のじゅくじゅくみたいなものだと思うんです。かさぶたが厚く、強く、生まれるのが頻繁だと、愛の存在に気づくことはなかなかできません。かさぶたは「怖れ」だと思うんです。職場でかさぶたが生まれる頻度が多い(たとえば型にはめられる回数が多い)と自由にさせる愛のエネルギーの微細な流れに気づきません。ただどんな時も決して消えず、気づかれるのを待っていますから、その時が来たら自然に見つかります^^人工的に早める必要はありません。


>まずはご指摘頂いた今の不快感のメッセージをありのままに聞いてみたいと思います。サポーターの実在に気付くというのは目に見える存在のことでしょうか。若しくはnobodyさんのフィオラのような存在のことなのでしょうか。


不快感のメッセージを、ありのままにお聞きになるんですね。わかりました^^
その不快感が「いつ頃」から始まったか、それに対してskさんは今までそのメッセージに「どう対応してきたか」もありのままご覧になっていただければと思います。そのメッセージは味方です。

サポーターは目に見える存在も、見えない存在も両方です^^
奥様とお子様との関係も勿論です。ご家族と調和されるほど、意識も変容します。
そしておつらい時は「不快感と調和する」ことが第一です。
つまり第一のサポーターは「不快感」です。
快を求めるのではなく、不快や陰そのものの中に潜り込み「煮るなり焼くなり好きにしろ」とばかりに開き、その不快感の中心に何があるか判明するまで、ただ聞き続けてみてください。


>長文になってしまい申し訳ありません。


とんでもないです。skさん、またお待ちしてますので、何かあったらそのままおっしゃってください。
ありがとうございました。
【2013/03/21 21:23】
ご質問があります
初めてコメントさせていただきます。毎日楽しみに拝見しています。色々な切り口で説明していただけるので、Sの感覚にまだいまいち確信が持てない自分にとっては大変ありがたいです。

前々からやまがみさんのブログなどで、思考観察がカギであることは知識として知ってはいましたが、思考観察を本格的にはじめたのは、nobodyさんのより具体的な方法論を拝見してからです。特に記録はつけてないので大体になりますが半月くらいでしょうか。

いまだに、思考観察できてるかな?と思った矢先に思考に巻き込まれてる、と言った感じで一進一退ですが、うまくはまったときは、なんともいえない心地良さ、胸の暖かさを感じることが多くなってきたように思います。たまに、カイロのようなカーッと熱い状態も体験しますし、胸がキュン?というんでしょうか、くすぐったいような感触のときもありますが、何も感じないときもあります。そのようなときは、スランプ気分になってしまいますが、気長に楽しみながら続けています。

一点お伺いしたいのですが、自然音360度ソナーをしようとすると、一対一で人と話していても、話の内容を細かく理解することができません。仕事中にもできたら良いと思っているのですが、理解力も分散してしまうように思います。これは、まだs接触が洗練されてないからでしょうか?

そもそもs接触出来ているかも確信が持てないので、質問になってないかも知れませんが、アドバイス頂ければと思います。
ひらぽん 2013/03/21(Thu)13:06:06 編集
Re:ご質問があります
ひらぽんさん、初めまして^^コメントいただいてとても嬉しいです。ありがとうございます。

>初めてコメントさせていただきます。毎日楽しみに拝見しています。色々な切り口で説明していただけるので、Sの感覚にまだいまいち確信が持てない自分にとっては大変ありがたいです。

そうおっしゃっていただけると嬉しいです^^ありがとうございます^^今夜も違う切り口で切れるように頑張ってみます^^

>前々からやまがみさんのブログなどで、思考観察がカギであることは知識として知ってはいましたが、思考観察を本格的にはじめたのは、nobodyさんのより具体的な方法論を拝見してからです。特に記録はつけてないので大体になりますが半月くらいでしょうか。

半月ですね^^訓練の方向性に確信がもてない時期ですよね。
そんなふうにおっしゃっていただけるなんてとても光栄です^^

>いまだに、思考観察できてるかな?と思った矢先に思考に巻き込まれてる、と言った感じで一進一退ですが、うまくはまったときは、なんともいえない心地良さ、胸の暖かさを感じることが多くなってきたように思います。たまに、カイロのようなカーッと熱い状態も体験しますし、胸がキュン?というんでしょうか、くすぐったいような感触のときもありますが、何も感じないときもあります。そのようなときは、スランプ気分になってしまいますが、気長に楽しみながら続けています。

ひらぽんさん、凄いです。半月で愛の感覚が動いていたり、「うまくはまる」という感覚が多くなっていらっしゃるのは進行がすごく早い方だと思います^^訓練前からのバランスも整っていらっしゃったのかも知れません^^おっしゃるとおり、気長に楽しみながらリラックスして続けていただきたいです^^

>一点お伺いしたいのですが、自然音360度ソナーをしようとすると、一対一で人と話していても、話の内容を細かく理解することができません。仕事中にもできたら良いと思っているのですが、理解力も分散してしまうように思います。これは、まだs接触が洗練されてないからでしょうか?

おっしゃるとおりまだ慣れていらっしゃらないからだと思います^^
非常に進行が早いからこそ、もうそこまで取り組まれていらっしゃるんですね^^
おそらく、会話中に「ソナーをしよう」または「会話の内容をとらえよう」と「動いて」いらっしゃるからだと思います^^Sの位置は「静止」です。そこには矢印の「動き」の摩擦やカメラのピント調整時の「オートフォーカス」がありません。
ピント調整をしようと「動いて」いる意識を「静止しているS」から見つめているならば、会話内容もよりスムースに聞こえるようになると思います^^

>そもそもs接触出来ているかも確信が持てないので、質問になってないかも知れませんが、アドバイス頂ければと思います。

とんでもないです。ひらぽんさんほど進行の早い方もかなり珍しいと思います^^
普通は半月だと「S移動」だけに絞ってお勧めするのですが、ひらぽんさんは「S接触」からの体験に移行する時期が近づいているのかも知れません。
どうかご自分の感覚を信頼して、必要だと思われることに取り組んでみてください^^
「静止」したまま「動ける」なら、もう定着が視野に入り始めます^^

またいつでもコメントくださいね^^どんな細かい質問でも歓迎です^^ありがとうございました。
【2013/03/21 22:25】
ありがとうございました
とても励みになるお言葉ありがとうございます。

舌足らずでしたが、思考観察を始める前から、フルフィルメント瞑想を1年ほど続けており、日中にふいに胸が熱くなったり耳鳴りを半年前くらいからするようになってきていました。
ただ、どんなときに起きるのかが定かではありませんでした。

nobodyさんとブログを拝見して思考観察を始めてからは、明らかにその頻度が高まってきたため、S接触できたことのサインなのかな、と勝手解釈してました。

自分から動こうと努力しないこともカギなのですね。今日はそのことを意識して取り組んでみようと思います。「なにぼけっとしてるんだ」と言われないよう気をつけつつ・・・

また、お勧めされているバーソロミューを昨日購入し、早速引き込まれています。しばらくは通勤時間が楽しいひとときになりそうです。
ひらぽん 2013/03/22(Fri)07:46:09 編集
Re:ありがとうございました
ひらぽんさん、こんばんは^^

>とても励みになるお言葉ありがとうございます。

とんでもないです^^

>舌足らずでしたが、思考観察を始める前から、フルフィルメント瞑想を1年ほど続けており、日中にふいに胸が熱くなったり耳鳴りを半年前くらいからするようになってきていました。
>ただ、どんなときに起きるのかが定かではありませんでした。

そうだったんですか^^納得しました^^瞑想の熟練者の方だったんですね^^
瞑想状態ではない普段の日常で「今」に全面的にゆだねる時に発生するのかも知れないと私は何となく思っています^^

>nobodyさんとブログを拝見して思考観察を始めてからは、明らかにその頻度が高まってきたため、S接触できたことのサインなのかな、と勝手解釈してました。

確かにS接触時はハートチャクラが既に開いている方は愛も動きますし、「うまくはまる」という感覚があること自体も相当瞑想で鋭敏な意識の感覚をお持ちなのだと思います^^
ひらぽんさんなら、放射や拡張感覚を見つけることさえできれば、すぐに「Sにはまった」時の感覚の違いを見極めていかれるような気がいたします^^

>自分から動こうと努力しないこともカギなのですね。今日はそのことを意識して取り組んでみようと思います。「なにぼけっとしてるんだ」と言われないよう気をつけつつ・・・

これは申し訳ありませんでした。「静止」についていきなりお話したのはちょっと配慮が足りませんでした。今夜の記事で細かくご説明しますので、ご容赦ください。
now + here = nowhere
いまここにある=そうでなければどこにもない
という表現はよく見かけられると思うのですが、
ほとんど全ては「動」状態であり、「静止」しているのは「今」です。
静止したS=「今」を見つけるのは、S定着の最終段階か、またはもっとかかるかも知れません。
あまり無理をされない道を選んでいただければと思いますので説明を書き直しました^^

>また、お勧めされているバーソロミューを昨日購入し、早速引き込まれています。しばらくは通勤時間が楽しいひとときになりそうです。

バーソロミューを読んでくださってるんですね^^ありがとうございます^^
ぜひバーソロミュートークもこれから振ってください^^
またいつでもコメントお待ちしておりますね^^
【2013/03/22 21:57】
10 2017/11 12
S M T W T F S
25
26 27 28 29 30
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]